オラクル☆

  • 2017/09/12(火) 09:43:19

15051744790.jpeg
最近私がバイブルとして傍らに置いている本の著者「ダスカロス」が、

キプロス生まれのキプロス育ちだというので、来年キプロス共和国に行ってみたいなと思って

ツアーをいろいろ検索していたら、ギリシャエーゲ海クルーズで立ち寄る小さい島・パトモス島が気になったので、

パトモス島を調べていたら、
パトモス島

ここに住む。と直感。

次の瞬間、「ギリシャ語もわからないのに住むって???ただの過去世の記憶じゃないの?」と、否定のマインドが打ち消す。

いつものことだけど、私の悪い癖(;^_^A

だけど胸のざわざわは止まらない、

しかも、かつてチャネリング教室で、11次元存在のマスターに、「私は外国のどこに旅行すればいいですか?」と質問したら、

ギリシャ、という。

そりゃ、ギリシャは一度は訪れてみたいけれど、その時はシャスタや、モロッコと思っていたので???

なので、住むかどうかは置いといて、何かのご縁はあるかもね。聖ヨハネが島流しされて、ここで黙示録を描いたところだし、縁はなかったとしても、いつかは行ってみよう。と思うことにした。

すると、予言者major1がFBに、ヨハネがパトモス島に流された時の様子を投稿しているではないか!!!

もう、心臓が止まりそうな衝撃!!

絶対、行くと決めた。

Diplomatic Service LIVE: He never died
They took John tried to cut his neck they couldn't - a knife could not cut his neck! They crucified him and they found him preaching in the city. They took a stone tied it on his foot and threw him in the water, but as they went to town they found him there preaching the word of God. They pierced him with a hot iron but still he did not die. They took him to the island of Patmos, took hot blades and placed in his eyes and only yielded his blindness. They threw him in the island. Immediately upon arrival John said "I have seen the Lord..." meaning his eyes were restored and he begun to write the book of revelation.
This is to fullifil the prophecy that Jesus said if he wished; John would not die.
- Major 1

恥ずかしいけどっ星

  • 2017/09/11(月) 19:26:56

こんな感じ



着こなせません💦

参ったなあ(^_^;)

時間☆

  • 2017/09/09(土) 13:06:06

休みの日(私の場合、会社が休みの日)には朝から時間毎にスケジュールをいれているのが常なのだが、

最近それが苦痛になってきた。

やりたくもないことをスケジューリングしてきたわけではない。

興味のあることのみ、選んできたつもり。

だけど、夕べの驚くべき高い波動のなかでの友とのおしゃべりで、

私も自由でいたいと願ったら、

今朝、早起きするはずが二度寝し、

あんなにいきたかった場所への気持ちも失せ、

今日一日静かで居たいと思うようになった。

だけど走り続けてないとダメな私は、

楽だけどいいのかな〜と、ちと不安(^_^;)

そこで『スワミのご講話集』

すると、



予定がないと不安なのは、ウソ!?

そうなのか〜〜???

興味のあることばかりやりたかったはずなのも、

実はそうじゃなかった?

なにかやりたい、というのは「欲」だったのかもしれない。

そう思ったら、なにか、すべてがどうでも良いことのような気がして、

考えるのもやめて(^_^;)

食べたいものを食べ、

嫌なことはやらず、

時間を楽しもうと思った。

時間を制限に使っては、苦しくなるばかり。

今私が望むことは、

瞑想やヨガ等をする午前中の時間が欲しいこと。

生活を変えなければならない時期がきている。

月☆

  • 2017/09/08(金) 13:17:45

220px-RWS_Tarot_18_Moon.jpg

『月のカード』について。。。

人は何も見えないと、ただ悲しみ、苦しみ、怖れるだけ。

これは私自身がよく知っている事実だ。 

キリストは「木の葉一枚も私の父の許可なしで地に落ちることはない。」と、言っている。

だから世の中には偶然なんてものは何もない。

すべては必然。

たとえ、オオカミに襲われようが、サソリに刺されようが。

今になって、スピリチュアルカウンセラーの江原さんの言っていることが、理解できるようになった(;^_^ )

さて、私はこれからどこへ行くのか。

皆目見当もつかないが

とりあえずマインドという懐中電灯と、天の存在というヘッドライトを頼りに、まずは地図を探しに船出しよう。


「人生は、注意深く計算されたレッスンである」 by Haralambos


◇◇◇お知らせ◇◇◇

10月29日(日)10:00~15:00
「lucky fes vol.9」 伊勢崎ガーデンズ
 
  *秋のLucky fes 始まります✨


真実の光☆

  • 2017/09/06(水) 16:45:37

夕刻から涼しくなってきた大好きなこの季節、私の読書探求は止まらない(#^^#)

私は肌寒いくらいのほうが好きなので、静かな夜に、窓を全開にして本を読む。

こんなことをしているから鼻風邪をひいてしまうというのにやめられない、この1年で最高の季節に

また新たな真実を発見した。

その昔インドでブッダが弟子たちに「私は神ではないが、今から500年後に神自身がお生まれになるだろう」と予言された。
そして500年後に、この予言に関心を持っていたマハラ―ジャ・ラムは透視能力者を使って、キリスト誕生と場所を調査し、彼の国を母と兄弟に任せ、友人と二人で旅に出た。
その途中アルメニアで、王でもあり、占星術師でもあったカスパル王が加わり、
その後、3人はベツレヘムの方向に明るい星を見つけ、お生まれになったばかりのキリストを発見し、持参した黄金・乳香・没薬を贈り物として捧げた。
このことにより、彼らは3人の賢者と呼ばれるようになった。
durer_konige00.jpg


聖書の中のエピソードはいろいろな説があるとは思う。

ただこのエピソードについては、

自分の過去世をすべて覚えていて、なおかつ過去世においてイエス様の最後の若い弟子ヤスナイであったこともあり、

2000年にわたる輪廻転生すべてに、聖ヨハネがスピリチュアルガイドとして寄り添ってきたという、ダスカロスの説で、信用に足ると思えて、ちょっと興奮した(;^_^A

やはり奇跡には、透視能力者とか占星術師とかが大きな役割を果たしているし、

3人の賢者がキリストを見つける旅の発端は、仏陀の予言だった!!!というところが、

私のツボ(^^)/


◇◇◇お知らせ◇◇◇

10月29日(日)10:00~15:00
「lucky fes vol.9」 伊勢崎ガーデンズ
 
  *秋のLucky fes 始まります✨