ただ今、絶賛混乱中・・・☆

  • 2014/07/10(木) 11:05:37

7/2に入院した母が明日退院する、というより出されるのだ。

個人医院から紹介状を渡されたその病院は緊急指定とかで、本当に危ない人か、紹介状がないと診てもらえないらしく、

大学病院でもなく、(もっとも太田には大学病院はないが)以前は地元企業の健保病院でもっと気軽に行けたのに、

今はやりの敷居の高い大(?)病院となってしまった。

そして、入院は10日間しかいられないという。

母の病気は、ヘルペスウイルスによって神経が3本麻痺してしまった結果、のどの動きが悪くなり、流動食でないと口から栄養が取れないようになってしまい、完治までには3か月~6か月かかり、場合によっては顔面神経痛やらの後遺症が残るものらしい。

最初病院に来たときは、立っていても体が左にかすかに傾いていたし、2,3日前も瞼のあきが左目だけ弱かった。

ウイルスに対応する点滴を10日間うち、その後は通院しながら家で療養するように、ということなのだが、そんなことで本当に大丈夫なんだろうか・・・とは言える状態でなく、

ほかにももっと死にそうな人がいるのだから、母は大したことはないらしい。

なにより危ないのは、のどにパンが詰まりそうになったり、痰が詰まりそうになったりして怖い思いをした母の混乱がだんだん激しくなってきて、

しきりに退院日を間違えて言いつのったり、言われてもいないようなことを妄想でまことしやかなストーリーを作り、誰彼かまわず吹き込むこと。

認知症のテストの点数がよかったらしく、薬を飲むほどではないと判断されているのだが、

本当に混乱する時間帯というものがあり、特に朝と夜がひどい。

私や弟は、混乱しているときのそれっぽいストーリーを聞き飽きているので、又始まったくらいにしか思わないのだけど、

父がいちいち真に受けてしまって、ここ2,3日は父も混乱してしまっていて、

2重3重に面倒なことになってしまっている。

それにしても母のパワーは衰え知らずで、さすがに算命学でいうところの「最身強」なのである。

子供たちが小さいときは、「力」と「恫喝」で支配し、年をとって小さくなっても、今度は「言葉の暴力」と「演技」で周りを支配しようとする。

なんと、病院のベッドの上から、父に「家を早く出ていけ!」といい、それを私たちの前ではおくびにも出さず、

「ドクターが私のために特別面倒を見てくれる」というストーリーは私や弟嫁の前では自慢たっぷりにしゃべるけど、

下の弟の前では、「お母さん大丈夫?頭しっかりしてる?」と言われるので絶対に言わない。

本当に、どこが呆けてて、どこが正気なのかわからない・・・

以前、会社にいる弟に向かって、「お前を跡継ぎにはさせないからね!私はまだその会社からおいしい思いをしていないんだからね!」と嵐のような電話をかけてきて、

それを得意先のお客様に聞かれてしまったとき、

「大変ですね、うちも認知症の経験があるんですが、呆けきってもらったほうが案外平和になるんですよ」と言われたことがあって、

本当にそうかもしれないと、今実感している。

最強な最身強☆

  • 2014/06/29(日) 06:48:43

鑑定にいらしてくれるクライアントさんにも3通りいて

とにかく自分のことを話せない人、とにかく自分のことを聞いてほしい人、うまく話せる人.

自分のことを聞いてほしい人は年配の方が多いようなですが、

心の中に澱のように溜まってしまったもの、自分をさらけ出すことは赤裸々な話にもなるので、

一度覚悟が決まるともう止まらなくなるようです

いま、わたしの母が喉にポリープができて声が出ない状態で、水分以外喉を通らない。

そして、本人はそれは「悪いもの」と信じて疑わない。

今は検査が終わって、検査の結果を待っているのですが、

声にならないかすれた声で電話をかけてくる、文句を言いつのるので

そんな声なんだから今はしゃべらなくてもいいんじゃない?というと、

いや、言っておかなくてはならないことがある!と一歩も引き下がらない。

最後の話をしておかなくてはならない・・・と。

そしていつもの、何十回も聞いた、着物がどうした、葬式がどうした、という話になるのですが

本人は自分がもうすぐ死ぬ、ということが前提なので、それは必死。

検査の時に、ドクターから大したことはありませんよ、と言われたことは完全否定

仕方がないので、はい、はいと聞いてはいるのだけど、

そんなことだからますます声は出なくなり、とうとうしゃべる気力もなくなったらしく

ベッドに1日横たわるようになった。

今週の検査の結果の日、

母はその日に医師から「死の宣告」があると思っていて、

周囲は、困ったな・・・と思っている。

母は、わたしはもうすぐ死ぬのに、家族が面倒を見てくれないと思っていて、

周囲は振り回されて、仕事に影響が出ている・・・

算命学でいう「最身強」の母は、いつまでたっても「最凶」いや、「最強」である。

意思の疎通が・・・

  • 2014/06/22(日) 04:25:06

先日、母親ののどにポリープのようなものができてしまい、耳鼻咽喉科に行ったら

これは切らなければならないが、口を開けて手術をするか、喉笛を切って外から手術をするか、とにかくウチでは出来ないから、紹介状を書くから大きい病院に行くように、と言われ、

それを聞いた母は、聞いただけで気分が悪くなってしまい、紹介状をもらわずに帰ってきてしまった。

仕方がないので、私が次の朝早くに紹介状をいただきに耳鼻咽喉科に行ってから、母を連れて大きい病院に行ったら

その日はそこの消化器内科がお休みで(!)、また次の日に行くことになったのだけれど、

明日まで待ったらもっと悪くなってしまうと母はおびえてしまい、大丈夫だから、1日くらいじゃ何ともならないよ、と念を押し、

私はその日、オーラソーマのPPS講座の最終日で、無理を言って講座の時間を遅らせせていただき、どうにか事なきを得たのでほっとしていたら、

夜、気付いたら弟からまるで電報のようなメールが入っている。

「お母さんは癌。他言無用」

エ!?・・・なになに? どういうこと?

だって今日ドクターはお休みだったから診察してないのに・・・

それとも、不安でおびえてたから、だれか弟たちに頼んでどこか診てくれる医者を探して行ったのかな?

それにしても「癌」って、やけに診察結果がでるの、早いな?

もう私の頭の中に疑問が駆け巡る・・・

そして、やっと弟に電話が通じ、

これってどういうこと? 癌ってなに?

うん、お母さんが「私は癌だから」って言ってるよ

えっ?医者に行ったわけじゃないんだね?

うん、それから人に話すなって。お姉ちゃんにも言っといてっていうからさ・・・

あのさ・・・驚かさないでよ・・・

うん、でもいつものことじゃん・・・

そう・・確かにいつものことだし、

弟はその日忙しかったはずなので、電報のようなメールもわかるけど・・・

私としたことが、また母に振り回されてしまった・・・

そして次の日は経理としてどうしても外せない用があったので、送り迎えは父に頼むはずだったのが、

九時半ごろ電話があり、なぜ来ないのかと怒っている、

仕方なく行きは弟が送っていき、帰りは父が迎えに行ったのだけど、

そこでまた父と大げんかをしたらしく、二人は離婚の決意をしたようなのだ(゜_゜>)

うん・・・わけがわからない老人との意思の疎通はなかなか難しい

でも、今は水星が逆行しているので、意思の疎通ができないのはそのせいだということにしておこうか・・・

追憶の行方!

  • 2014/03/31(月) 21:31:52

西洋占星術では、生年月日だけではなく生まれた時間もわかるとより精度の高い鑑定ができるという。

しかし私が生まれたのは半世紀以上前。

無理だろうな、と思いながら父に聞いてみたけど案の定、う~ん、、、と唸ったきり

そこで誘導尋問をしてみる。

私さ、源道寺の硬○○金の社宅で生まれたんだよね?

ん?ああ!そうだ、そうだ!

とりあげてくれたのは御産婆さんだったよね?

ああ!そうだ、そうそう。

でさ、暗い時間じゃなかったと思うんだけど、朝方だった?

いや、、、朝じゃないと思う。

じゃ、昼頃?それとも夕方?

いや、、、夕方じゃないと思う。あんとき、お袋が来てたんだよな、、、うーん、やっぱり昼頃だったと思う。

念のため母にも聞いてみた。

そしたら肝心の時間ではなく、いらない情報ばっかり出てくるわ、出てくるわ、、、

御産婆さんがどこに済んでて、どんな人で、叔母も出産の時世話になって、

病院にもかかっていて、自分の身体がもたないので未熟児とわかっていてあえて私を早産したこと、、、

はああえて早産して未熟児?

なんじゃ、そりゃ?

心臓病でもたない、とかではなく、若い頃樹から落ちて複雑骨折した腕が痛かったそうな、、、

なんか、、、聞くんじゃなかった(。・ω・。)

肌がツルツルになった79歳!

  • 2014/01/30(木) 20:57:22

ここ半月くらい胃腸を壊して大騒ぎの母。

今日も父が愚痴をこぼしにくる。

アルツハイマーの主治医のところに行きたがらない。

言うこと聴かない。

元々自分勝手な人が年をとって悪魔のような行状であるのに、言うことを聴くはずもなく、

それでも父は何とか言うことを聴かせようとして、母と怒鳴り合いの毎日である。

ところが、

今夜実家に行ってみると母が、こたつの横で寝そべってテレビを見ている。

今日はご飯が食べられたという。しかも、美味しかったらしい。

そりゃ、良かったね、と言ったら、本人は

そうなんだよ!でもそれより驚いたのが、肌がツルッツルになったんだよ!という。

見れば、顔色もいいし、何よりお肌がぴかぴか。

下痢が続いたおかげで、宿便まででちゃったんだね。というと、

自分でも驚いたんだけど、この肌は赤ちゃんの肌だよ、触ってみて、という。

うん、赤ちゃんかどうかは知らないが確かにつるつるすべすべである。

こんなに喜んでいるんだから胃腸を壊した甲斐があったという事か。

ま、終わりよければすべてよし!

父は父で、母の背中のじんましんに薬を塗らないとベッドに入れないと言うので、今日は私が塗るよ、というと、

いい、これは俺の仕事だから、と言うではないか。

定年後、やることがなくてぶつくさうるさかった父が「母の世話」という大仕事を見つけて、すごい張り切りようである。

もちろん、メデタシメデタシなんだけど、

こっちの方が病気になりそうなくらい大騒ぎだったのは何だったのだ、と私は言いたい!

なんだかな~

車をぶつけられてまで巻き込まれたというのに・・・

これ以上犠牲になりたくないので、

せっかく腸がきれいになったんだから小麦を絶つよう言って聞かせプラントミネラルのスプレーを渡してきた。

元気でいてくれないと、こっちが先に逝ってしまいそうだからね。