女の子の苦難・セクハラ☆

  • 2015/08/04(火) 12:00:12

見るからに利発そうにはきはきとした社会人2年目のおじょうさん。

そんな彼女が大泣きの挙句、鑑定に来てくれた。

相談内容は「セクハラ」

ああ・・・きちゃったね、女の子が誰でも経験する通り道。

しかも、相手は上司。30代、独身。

本能からの拒否感。

生理的嫌悪。

自分でも驚くほどの憎しみの感情。あるいは殺意

でも、カードで相手を観ると、心がなかったわけではない。

女性関係がだらしないという武勇伝(?)の割に、女性に対して心を伝えられないこの人は、

心の奥では女性に対し、怖れもあるし、その一方で軽んじてもいて、

力づくで押し切っちゃえば、何とかなる・・・・と思っているお馬鹿さん。

それを伝えると、余計憎しみが増したようで・・・

キモイと一言。まあ、しかたないね。

彼女がお勤めしている会社は、男社会の典型で女子社員が徹底的に少ない大企業。

もちろん女子は、重要な仕事はさせてもらえない。

女だから・・・

それも悔しい。

それにもまして、セクハラ。

すぐに上司の上の上司に直訴(なかなかの行動派!)して、会社を1日休んだ。

これを泣き寝入りすべきでしょうか?

しばらく会社を休んだほうがいいでしょうか?

思いつめた瞳。噛みしめた唇。

私はその昔どこかに置き忘れた純粋さにちょっと打たれた。

しかしカードの結果は、あくまでも感情論抜き。

女性でもなく、男性でもなく、社会人として行動すべき、と出る。

聞けば、彼女はその男社会の会社に女性としての一石を投じようと意気込んで入社したらしい。

なるほど。それなら、戦わなくちゃならないね。

男社会の企業じゃなくても、いろんなところに嫌悪すべき罠はたくさんある。

それぞれの人のフィールドにそれは潜んでいる。

自分にはどうにもならないこと、太刀打ちできないことだから余計嫌悪感が募る。

でもね、女性だから、に甘えず、

女性だから、であきらめない。

私も若いころ、生きるってことは戦いだなあ、と思ったことがある。

その頃は、いろんなことで戦っていた。

今、戦わなくて済んでいるのは、人とのかかわりにおいてあまり心が揺れ動かないから。

でもそれも戦ってきた末の結論。

最後に、先のまあるいパンプスではなく、先のとんがったハイヒールを履きなさい、とアドバイス。

いつでも、やんちゃな男を蹴り上げてあげられるようにね

心に武器を持ちなさい。

彼女に笑顔が戻り、「明日から会社に行きます」と力強く頷いた。

先がとんがったパンプス、買います!と。

さて、一つ、気になることがある。

彼女が直訴したという上司の上司。

男社会だったから、セクハラ問題はあまり経験がないのだろうけど、

エラくうろたえてます。。。(^_^;)

人の上に立つってのは、大変だなあ・・・













関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する