君が笑ってくれるなら 僕は悪にでもなる

  • 2015/06/15(月) 10:21:10

ふと何かが心に引っ掛かったのか。

テレビをつけたら、中島みゆきの「空と君のあいだに」が流れていた。

なんだか歌いたくなって、夜だというのにカラオケをはじめてしまったのだが、

この曲の切なさが沁みて、不覚にも涙が出てしまった。

いま私にトラブルがあるわけでもない、

悲しい出来事があったわけでもない、

ただふと何にもない空っぽの中に沁みこんできたという感じで、涙

「あいつを憎むことであいつに縛られないで」

愛と憎しみはおもてうら

愛すれば愛するほどのめりこみ

憎めば憎むほどがんじがらめ

そこに気付けたとしたって、傷ついた心が癒されるわけじゃなく、

消化できない思いを

ずっとずっと抱えて生きていく


そしてそんな彼女をを大きなポプラの男が見守る

もっと悲しい思いを隠しながら。

その人の笑顔を取り戻すためなら

悪にでもなれると誓った男だった



これは男と女だけではなく、

友達だったり

仲間だったり

親子だったり・・・


人は切ない

私も消化できない思いをたくさん抱えてきたけれど

それでもこうして誰かとかかわりながら生きている

そんな私でも

いつかポプラの枝になれたらいいな・・・













関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する