びっくりしすぎて具合悪い・・?

  • 2015/03/21(土) 21:46:53

びっくりする出来事で始まった3月。

感情の波が押し寄せ、なに・・・?

どうして・・・?

なんで・・・?

と心がぐらぐらしながら過ごしてました。

それも一つや二つじゃない・・・

それとともに決算期の忙しさで、なんだかあっという間に日が過ぎて。。。

でもとりあえず、決算処理にも終わりが見え、心の波も静まり、

久しぶりのアカシックリーディングも観てもらい、

ご縁も少しづつ順調に、ゆっくりと広がり、

感謝しつつ落ち着いた土曜日、

今度は夫のところに1本の電話。

実は10日ほど前、夫が義母のところに様子見して帰ってきた二日後、

軽い脳梗塞で病院に担ぎ込まれ、難病の夫はすぐには駆け付けられず、義弟につきそってもらっていた。

幸い、大変なことにはならず、義弟もいったん帰宅し、夫が自分の病院(金沢)に行ったあと

再び義母のところに行こうという話を今朝したばかりなのに、

今日の午後、夫のところに義母の病院から電話がかかり、

もともと心臓疾患を抱えている義母の容態が急変した場合、延命措置をとりますか?どうしますか?と聞いてくる。

え!?母の容態が急変したんですか!?今朝弟と話をした時にはそんな様子とは聞いていないのですが!!

ええ、ですから急変をした場合、どうしますか?

ええ・・・?そんなこといきなり言われても・・・とにかく母はどんな様子なんですか!?

結局、とりあえずは意識もしっかりしていて、小康状態であるらしいのだが、

自分自身も難病患者の夫は、とにかくびっくりして、具合が悪くなってしまった\(◎o◎)/!

義母の場合、息子たちが遠くにいるので病院側もいざと言う時の話し合いを持ちたいのだろうけれど、

あんまりびっくりして、俺のほうがまいってしまうかもしれない・・・と夫。

延命措置を採るかとらないか、俺が決めなくちゃいけないのか・・・と肩を落とす。

おふくろ本人に決めてほしいよな・・・俺はきめられないよ・・・

それを聞いてた私は、「私は延命措置はとらないで。静かにそのまま逝かせて欲しい。」

すると夫も「俺も延命措置はとらないで欲しい。」

「けど、おふくろのことは俺は決められないよ・・・」

そうだよね・・・

どちらにしても、あとあと後悔しそうだものね・・・

こういうことって元気なうちに決めておかなければいけないようですね



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する