ついに絶縁宣言が\(◎o◎)/!

  • 2014/11/06(木) 16:12:44

以前アップした、母の嚥下障害(と言っても、ピザ1枚はペロリ飲み込むように食べられますが)が

なかなか治らない(神経をやられちゃってるので、治らないかもしれないと言われています)

大きな声ではしゃべれないけど、普通に聞き取れるくらいは話せる。

しかし、のどが痛いという。

そして先月のこと。

O病院の入院までした検査結果に満足いかなかった母は、またも個人医院であるM医師に紹介状を書いていただき(2回目)

N病院に行き、MRIまで撮りみていただいた結果、O病院の診断結果で間違いないと言われ、

その時は「大事でなくてよかった」と安心し、レストランでのどが痛いのにカレーを食べ、素揚げの野菜をろくに噛みもせず飲み込み、私より早く食事をし終えてから約ひと月たったある日、

突然言い出す。

困った。私ののどが一向に治らなくて、痛くて仕方ないんだよ。
それで、この間のN病院の先生は、偉い先生がいなくて代理だったから、ダメだったから、今度はちゃんとした先生に診てもらえるよう、またM先生に紹介状を書いてもらったから、連れてって、という。

え⁉紹介状また書いてもらったの?3回目だよ?

そうだよ

また同じN病院?

そうだよ、今度はちゃんとした先生に診てもらうんだよ。

この間もちゃんとした先生だったよ?

いや、この間は代理の先生だったからダメなんだよ。だから連れてって。

だって、この間だってMRIまで撮ったし、納得したはずでしょ?ほかの病院ならまだしも、同じN病院に行ったって、診断は覆らないよ。

と、押し問答。

そこに、母とはお互い一緒に旅行も行きたくないはずの父が参戦!

なぜN病院に連れて行かないのかと説得を始めた。

また押し問答

そして、父が連れて行くからいいと、電話を切られたのだが、

それから1週間ほどして、また同じ話が蒸し返される。

この間のN病院の代理の医師はろくに診察も検査もしなかったと、しきりに訴える。

年寄りが混乱を始めると嘘八百を言い出すのだけど、よく聞いていると、その場しのぎの言い訳が いつしか本人のなかでは本当になってしまうので、本人はうそをついている意識はないようなのだ。実に始末が悪い。

違うでしょ?検査もちゃんとしたでしょ?写真を見てちゃんと説明もしてもらったよね?と言ったら、怒って電話をまた切られてしまった。

そして5分後にまた電話がかかってくる。(これは会社と実家の電話のやり取りです)

M(弟)をだせ!と一言。

お前、つむぎがお母さんを病院に連れて行かないのをどう思う?

え?当たり前じゃん!?

するととつぜん父は激昂し

「つむぎは絶縁だ」と怒鳴ったので弟は電話を切ったという。

姉貴、お父さんが「絶縁だ!」って言ってたよ・・・

ああ、良かった・・・これで電話はしばらくかかってこないね・・・静かになるね・・・と二人でほっと胸をなでおろす。

しかし、絶縁って・・・

先日久しぶりにランチをした旧友のHちゃんにこの話をしたら、

大変だね~~その点うちはそういうのがなくて、夫のほうも私のほうも両親が逝ってくれたから少しは楽だったのかな?という。

ただ、姑がすこ~しだけ混乱したという。

うちの嫁のなかにフィリピン人がいるんだよ・・・

お母さん、フィリピン人ってだれ?

ほら!最後の嫁だよ!

え!?私??

Hちゃんのお姑さんなんて、かわいいものだなあ・・・と思った。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する