深い瞑想☆

  • 2014/10/07(火) 06:02:49

「50の手習い」もついにダンスまで手を出したか・・・と、自分でも思っていますが、

当たり前だけど、見るのとやるのは大違い・・・

特にクラスで最年長の私の身体のダメージは半端なかったけど

回を追うごとに身体が楽になってくるのを感じています。

昨日は、瞑想の時ふとオスマントルコらしい場所に入ってしまって、

いえ、正確には瞑想の前にBGMがかかり始めたときから雰囲気と匂いが変わったのが分かっていて、

いざ瞑想が始まると途端に、頭の中の風景が巨大な神殿らしき所で、

まるでパルテノン神殿のような大きくて白い柱が何本もあるところに、大きな竹編みの籠のようなものがあって、そこから煙が出ています。

その煙は、鼻の奥に少し刺激のある、媚薬のような意識をもうろうとさせるもので、

煙の向こうにいる数人の女性の肩から上がゆらゆらしています。

そして私も、首から肩がゆらゆら、ゆらゆら・・・

頭の中は冷静な私、まるで波に漂うように首と肩をゆらゆらにゆだねながら、

あれ?私って肩コリ、首こりがあったのに、なんでこんなに柔らかく動くんだろう・・・?なんて考えています。

しかしこの煙はなんかやばいな、もうろうとしてくる~~なんて事も。

そしてEliza先生の声で目を開けても、ちょっとすぐには感覚を引きもどせないような感じ・・・

もっとゆらゆらしていたいような、していたらマズイような・・・


ハーレムの女性たちが踊っていたイメージが強いベリーダンスですが、実際、オスマン帝国のハーレムでベリーダンスが踊られてたと言う文献は残ってはいないし、

どちらかというと、祭祀の時やお祭りで踊られていて、

ベリーをセクシーにしたのは(あのブラとスカートの衣装も!)アメリカらしいので随分と近代の話ですが、

もうろうとするようなきつめのお香を焚いていたという事はやはり、「祈り」や「呪術」的な要素が強かったかもしれません。

でもこの深~いリラックスのおかげかどうか、レッスン疲れがいつもより軽い気がします。

首と肩の緊張をとりほぐすとこんなに身体が楽になるなんて!

瞑想、すごいね(*^^)v

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する