労基、来る!

  • 2014/02/13(木) 11:32:02

決算期を迎えて本業が忙しくなってきた私。

もとから忙しくて「あれも、これも」やらなくちゃいけない状況には慣れていて、

一つ一つ消去法的にやりつぶしていく作業は結構好きなんだけど、

それも自分が管理している範囲内の事で、急な出来事には正直あわててしまう。

昨日はお客様と納期の連絡の行き違いが発生している事件(大したことではなかったんだけど)の最中にいきなり、労働基準局が監査に来たのである。

別に小さい会社だからと言って労働基準法を犯すような事はしていないはずだけど、

いきなり必要資料を出せと言われても、事務員が私しかいないので本当にあわててしまう。

就業規則だの、36協定だの、変形労働時間協定だの、賃金台帳だの、タイムカードだの、労働者名簿だのはすぐに出せるけど、

例えば定期健康診断結果は毎年CDで来るので、本人たちには別個に結果通知が来るので特には紙に印字して保管はしていないので、準備するのに時間がかかったり、とか

社員さんたちのもっている資格の一覧表とか言われても、管理はしているけど一覧表にはしていないので資格証をそのまま提出したり、

まあ、そういう準備もね、前日に連絡をいただければ労基の職員さんをお待たせすることもないんだけど・・・

きっと、「いきなり訪問する」ことに意味があるんでしょうね?ごまかしがないように。

実際、ごまかしのやりようもないかと思うんだけど、

1番の問題は、ウチみたいな小さな会社は人手がないので、

昨日もその時、社長は出ていて、たまたま私がいたから書類は提出できたようなものの、銀行やら郵便局に行かないとも限らず、そういう事務所を一時的に閉めてしまっているような時だったらどうするのだろう?

忙しい作業中、ウチの社員さんが気が散って怪我でもされたらおおごとでもあるし。

結果、今回は是正勧告書というものを頂いたので、いくつか是正することになりまして、早速労務事務所に連絡しました。

日々、間違いのないようにやっているつもりなんですけどね・・・

完璧にはなかなか出来ていないようです




関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する