EDO WONDER LAND!

  • 2013/11/10(日) 19:31:37

去年の大みそかの「ダウンタウン 笑ってはいけない」シリーズの江戸版を見て以来、

ずっと行きたいね、と娘と話していて、やっと行ってきました。

入口の‘関所’を通るところからちょっと興奮気味ですが、


入ってすぐ‘変身処’へ直行し、私は町人女性、娘は武家娘にヘンシ~ン!

ただね、髪型が普通だと、タダの着物姿にしか見えない感じはちょっと残念でしたが、江戸の住人に気持ちだけはなり切れます。

娘は髪が長いので上手に頭を作ってもらいました。
IMG_1079.jpg

ここの着付けと髪のまとめは手際の良さと見事さで素晴らしい!

聞けば、着付けも今時の現代着付けとはちょっと違うとのことで、髪もピン1本、使ってません、すごいね~!

ここのスタッフはチケット売り場から土産屋さんまですべて徹底した時代劇の扮装をしています。

次はちゃんと鬘からつけたいなあ~!狙うは大奥か芸者!娘は次は女剣士か花魁をやりたいと言っています。

町並みも武家屋敷や茶屋街やらちゃんと江戸になっているし、

牢屋ではこんな刑罰の説明も
IMG_1074.jpg

木でできたギザギザの板に座って石を膝の上に乗せられる‘石責めの刑’の板に乗ってみましたが、

ちょっと足を乗せただけでもう無理!

これは、無実でも罪を認めてしまうかも知れない・・・

街のあちこちで忍者や、岡っ引き達の子供参加の大捕りものや大道芸、おでん屋のおでんを盗んじゃう町人の追いかけっこや、

とにかくスタッフがみんな役者さんなの?というくらい、江戸らしい

この日は、北町奉行所で「遠山の金さん」の劇を見ましたが、金さんとエセ占い師の出し物でした
IMG_1078.jpg

花魁劇や
IMG_1084.jpg

写真にはとれなかったけど「忍者カラス屋敷」の大立ち回り(これ、すごくてもうびっくり!)

あ~っ!もう、超!楽しい!

外国人の観光客、特に東南アジアからのお客様もたくさん来ていましたが、ここに来るのはかなりのニッポン好きなんですかね?旭日旗の携帯なんか持ってましたし・・

だったらできれば、変身もしてほしいなあ・・・

日本人でも年配の方たちは変身しない方が多かったけれど、パパ、ママは町人、ちびっ子が可愛い忍者なんてファミリーや、若い男性には新撰組の扮装が人気でした。やっぱ、やってみたいよね!

ちょっとね、私、コスプレ願望に火がついたかも知れない・・・






関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する