# ラブレイン

  • 2012/08/14(火) 21:38:52

この夏休み、やりたいはずだった事が出来ていない。

なんてこった!と思いながら、時間は過ぎる。

その合間にたまっていたグンちゃんの「ラブレイン」を一時間だけ、と言うつもりで二時間見てしまった。

1970年代の韓国大学で静かに、そして切なく恋物語が始まる。

美術科のソ・イナ(チャン・グンソク)、家政科のキム・ユニ(少女時代のユナ)

名画「ある愛の唄」がモチーフで病気・悲恋モノかあ~と思っていたけど、純粋で、思っていることも上手く伝えられない不器用で、シャイな恋の仕方が、かったるいんだけど、切ない。

グンちゃんも懐かしいマッシュルームカットでツンデレじゃなくて可愛いし、ユナは、おとなしい子でまあ、ちょっと陰気臭いくらいかなあ?

「冬ソナ」っぽく、友が恋敵だったり、もちろんこの初恋は成就できない(^_^;

イナはユニを諦めるために軍隊に入り、ユニは目の病気のため誰にも告げずにアメリカへ旅立つ。

ここまでは、半月前に見ていた。

そして、イナはその時彼を好きだったへジョンと結婚し、一人息子、ジュン(グンちゃん二役)をもうけるが、初恋を引きずっていて結局離婚、ユニはアメリカで知り合った人と結婚して一人娘チョン・ハナ(ユナ二役)をもうけるが夫とは死別、韓国に帰っていた。

2012年、ふとしたことで知り合ったジュンとハナ。

そして、再会してしまうイナとユニ。

ジュンは顔はそっくりでも父と違ってナイーブじゃないツンデレカメラマン。ハナはお酒大好きな純情だけど現代っ子。でも、この二人じゃないのよね、良いのは。

アメリカで死んだと聞かされていたユニを見かけたイナは、雨の中、彼女を追いかける。

「君、なのか? 生きていたんだね?」

だけどユニは、失明危機がある病気の為、イナに「娘と夫を愛しているの」と嘘をつく。

お互い、幸せだとわかったからいいの、と。

お互いを追いかける姿や、目がもうせつなくて、涙が止まらない。

中年になったイナを演じるのはチョン・ミニョンさん、「風の国」でユリ王を演じた方ですね、渋いけど、切ない姿が格好いい。

同じく中年になったユニは、美女イ・ミスクさん、この人、「エデンの東」で強過ぎるくらいな女丈夫の母をやったり、一癖、ふた癖ある第二王妃をやったりしてますが、やっぱりキレイ。

中年になっても初恋を引きずるパターンは、韓国ドラマでは王道ですが、何だかな~と思いつつ、やっぱりはまってしまう^_^;

次を見たいけど、しばらく封印して、やることやらないと・・・

ああ・・・私って、大人!

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する