FC2ブログ

怒涛の週末が終わりました(^^)/

  • 2018/10/02(火) 13:28:43

スケジュールを組んだ時はそんなに大変だと思っていなかった、

夜21時までイベント「アフロディーテ」
   ↓
京都2days
   ↓
イベント「Luckyfes」

「アフロディーテ」は楽しくて、かえってゆったりしていて楽だったけれど、

そのあとの京都の

卯野たまごさんの「直感で読む手相教室」
15384518620.jpeg

これがね、卯野さんって超パワフル💦

小柄で、元引きこもり、加えて、人間が苦手で話せない、なんてみじんも感じさせない、怒涛の手相の読み語り。

この人の語りを聞いていると、不思議に周りが見えなくなって、

ある意味、手相と卯野さんの自分のワンネスな空気になってしまう。

そりゃ気当たりもするわ(;^_^A

それもすごかったけど、第2部の公開手相鑑定では、

めったにない、あるいは、珍しいと言われる

「ますかけ線」の持ち主が3人/45人中、

他にも、LuckyMやソロモンの輪や金星帯、スターなど、

私のように知能線と生命線の起点が片手離れているなどざらで、

中には、両手が離れ型なんて人も辺り前にいて、

すごい!を連発していたせいか、超疲れてしまいました。

その状態で次の日のLuckyfesでは、

朝から「疲れてるね~~」と皆さんに言われる始末で、

そのうえ、メイクし忘れ、

セッション中は楽しくて大丈夫だったけれど、

撤収の時、朝昼食べてないせいなのか足元がふらつき、

この日はほんとに、「幸せを呼ぶ占い師はる」ことはるちゃんがいてくれて助かった~~

でもね、この怒涛の4日間で分かったことは、

やっぱり占いって面白い、大好き!ってこと。

まずは丘を見る!という手相で、

周りの人と手相の見合いっこをしてみると、

丘は張ってないし、手の色が真っ白けで、線も薄くて

お疲れなのかな?という方が多く、

一応ヒーラーの私は、手相を見ながら軽くマッサージとエネルギーを送ると、

手に赤みが帯びてきて、なんと丘までぷっくりとしてくるではないか。

それに喜んでくれた受講生さんの何人かが

「本物のヒーラーさん見たの初めてや。

御利益在りそうなんで触らせていただいていいですか?」と

何人もいらしてくれるので、

大した手相もしてない私で良ければ、と6,7人、手を触らせていただいて

皆さんに喜んでいただけたことは、スゴイ良い経験だったので、

次の日のLuckyfesでは最初に簡単な手相を見せていただきながらのタロットという形にしてみました。

そして、卯野さんの言う、

「いい手相にするためには、毎日を丁寧に生きること」

これをね、改めて実感する毎日。

なんの占いであれ、ヒーラーであれ、そのことを伝えられる「占い師」でいたいと思いました。

そうそう、Luckyfesでも、午前中だけで「ますかけ線」の持ちぬしが3人!!

これって珍しい線じゃなかったっけ?

~募集中~
・ヒーリングヨガ
    10月13・27日(土)10:30~12:00
  ご連絡お待ちしております。


・タロット教室
  毎月第一・第三水曜日19:00~20:30
    高崎カルチャー教室
  毎月第一・第三木曜日19:00~20:30
    上里カルチャー教室
  毎月第一金曜日19::00~20:30
       10月より始まります
 
  ピンときた方はぜひ


~出店情報~

10月7・8日(日・月祝)
 『カインズみっかるマーケット』
  inカインズ伊勢崎店
  時間10:00am~4:00pm

10/20(土)
 宮崎ますみプレゼンツ
 『祈り・母なる地球・癒しフェア』
  時間;11:00~17:00
  場所;桜神宮(神宮会館)

10月21日(日)
 『Lucky fes vol.15』
  時間;10:00~16:00
  場所;伊勢崎ガーデンズ

10/31(水)
 「Αφροδιτη :アフロディーテⅣ」
  時間;14:00~2100
  場所;コモンツナトリ

11/3・4(土・日)
 『群馬県立女子大・錦野祭37』
  💖一般の方も入場できます

11/11(日)
 『Lucky fes vol.16』
 in 伊勢崎ガーデンズ
 時間;10:00~15:00 

11/18(日)
 『占いまつり 2018 11月』
  in占い・ヒーリングサロン珊瑚樹
 時間11:00am~6:00pm

11/28(水)
 『アフロディーテ』
  in コモンツナトリ
  時間;14:00~21:00

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する