山あ谷あり☆

  • 2017/05/19(金) 10:22:27

認知症が進みゆく母との関係に弟も疲れ果て、ストレスから本人も病院通い💦

子供たちのほうもいい年なのだからそういうことになる。

ましてアクティブな母なので、日課の散歩からなかなか帰ってこない母を、夕方暗くなってから近所を探し回ったこともある。

足が痛いはずだからそう遠くには行くはずがない、なんてことは通らない。

本人に言わせると、その時は足は痛くなかったらしいのだから(^-^;

それにしても、少しずつ、だんだん進んでるように見えるのだけれど、

突然冴えわたる時がある。
14951542070.png

そういうときの母は、自分がぼけているときのことも全部わかっているかのよう。

きつい言葉でお前たち(弟と私)にひどいことをいうかもしれないが、怒らないでほしい。

え!?わかってたの・・・?

わかってない人の言うことだと思っていても、受けるほうはやりきれなくなるものだ。

だからこちらもストレスマックスになるけれど、

そういわれると、

自分でもどうにもならないのはつらいだろうなあ、とかわいそうになる。

そして普段母が気がかりな、家をどうするか、についてもこういう風にしたらいいとまるで遺言のように私たちに言い渡す。

それは決して私たちが望まないことなのだけれど、母の意向ならばと弁護士さんに預けた。

そういうときの母は、ボケる前の母よりぐっと常識的で、非感情的。

正直ちょっと戸惑ってしまう。

そして、母の認知症をいいことに、年金暮らしの母にお金を無心したりする人もいるようで

世の中、信じられないことばかり。

母の中では、この人は危険⚠、この人は大丈夫✨と、ちゃんと棲み分けができているらしく、

私たちにこの人はこういうことを言うから気をつけなさい、とか

この人はこういうことをするから信用するな、とか、

それはもう細かく指示をする。

母のボケに乗じて得をしようとする輩が身内にいるという事実。

信じられないような人が、信じられないようなことをしてくる、という事実。

まったく、渡る世間は鬼ばかり、なのである。

怖いものなどなく、好き勝手な言動で、自由な人生を生きてきた母だけど、

ボケて自由じゃなくなってから、欲深いひとのターゲットにされようとは。

人生の流れはいい時ばかりではなく、やはり山あり谷あり。

しかしその怒りのパワーが、母を正気に戻すことも事実。

私はもっと楽に行きたいなと、思うこの頃である。


~~出店情報~~
 
5月28日(日)10:00~16:00
   『lucky fes vol8』
伊勢崎市・伊勢崎ガーデンズ
    毎度おなじみの大型イベント。
    おニューの出店者さんたちもいるようです。

6月4日(日)10:00~16:00
   『スマイルパーク』
    伊勢崎市・スマーク
    今回はスマーク内ではなく、
    はるなプラザ入口付近 屋外で~す。

7月9日(日) 10:00~16:00
   『愛が満ちる時☆七夕占いまつり
      ~フルムーンからのメッセージ~』
    恒例の占い・ヒーリングイベントです。
    引き続き宇都宮よりシオンさん出店くださいます。
    なんと!まるあさんも新メニュー出してくださるそうです。
    お楽しみに!


~~お知らせ~~

2017年6月生募集(月1回開催/期間1年)
  6/3(第1土)13:00~ 開講決定!*若干名募集中 
  6/11(第2日曜)10:00~ 開講決定!
  6/13(第2火曜)19:30~ 開講決定! *若干名募集中

    *場所:太田市 詳しくは申込時にお伝えいたします。
    *4名様以上で出張講座を承ります。

タロットつむぎの 『霊性を呼び覚ますタロット講座』

大アルカナ編  全6回 1回90分3000円
  コンセプト;インスピレーションを磨くことで『自己価値』を高める。
    カードを通して、いろいろな角度から物事を見ること、そしてそれについてジャッジをしない。人と違う見方をむしろ楽しみ、人     前で表現できるようになる。

小アルカナ編 全6回 1回120分5000円
    コンセプト;カードを通して生活に活かす人間学を学ぶ。またプロ占い師としての基礎知識が身につく。
  
 占い師になりたい人のための100本ノックリーディング
     全4日間 10:00~14:00 60000円
  *受講資格として、「霊性を呼び覚ますタロット講座」全12回を
   終了した方のみに限らせていただきます。

yumetsumu@gmail.com または FBタロットつむぎのメッセンジャーまで








関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する