先祖供養☆

  • 2017/04/24(月) 11:22:10

半世紀以上も生きて、先祖供養などというものにとんと興味がなかった私。

しかし去年父が亡くなってから、「供養」というものに向き合うことがようやく💦できるようになったというわけで。
祈り


最近ワンネスディクシャでお世話になっている真言宗のお寺で「先祖開放ワーク」に行ってきました。

ワンネスディクシャとは

~私という存在はいない~
~考えはあっても考える人はもうそこにはいない~
プログラムされた考え・概念・良い悪い、正しい間違っているジャッチから解放され、
理屈を超えて心の解放を体験、目覚め・覚醒へと導くエネルギーの転写

なんのこっちゃわかる???

むずかしいのね。本当にこれを理解するのは。

だから誤解も多いので、ブログに書くのもなるべく避けてきたんだけど、

今回はワンネスディクシャの「先祖開放ワーク」なので避けて通れないかな???と書いてみました。

とにかく、パワフルだったことは間違いない。

だって私がブログに書きたくなっちゃったんだから(;'∀')

いろいろ気づかされましたよ。

人によっては、おばあちゃんやおじいちゃんが何かしらの執着や果たせなかった約束を持っているがために

いわゆる「成仏」できていないのを供養し、天の上っていただくことができたり、

死んでしまっても、お互い意識体なのでそこのところ、きちんとお互いわかってあげて、感謝しあって涙を流す人も。。。

一般的な「天国」は、ワンネスの世界では「ディバイン(聖なる光)」と言います。

うちの父はね、残した思いはなかったみたいだったけど(ほんとに良かった(#^^#)

綿々と連なる人々が出てきて、

今までの私は、自分だけで精いっぱいで先祖のことになど思いをはせたことはなかったけれど、

ああ命をつないできた人々なんだと、

私もまた「先祖」であるのだと、そんなことに心を寄せていたら、

突然黄金のエネルギーが、雷のように流れてきたと思ったら、

私の松果体あたりが痛い(>_<) ずきずきする~~

なにこれ~?

そしてしばらくして落ち着き・・・

あとで住職さんに聞いたら、それがディクシャのエネルギーだよと。

今まで、ディクシャを2回、チェンバー(聖なる部屋)に1回入ったけど、初めての体験!をしちゃいました。

そして、この日私が気づいた一番大事なこと。

私は成長してからは父に反抗したり、いろいろ意思の疎通が難しかったけれど、

そのもっと昔、私が乳幼児で、食べさせてもらい、

おむつを替えてもらい、

例えば、欲しければお供えの果物を手に取ってしまい、

ただただ、自分に正直でいたころ、

父はそれでも私をかわいがり、

愛し、

赦し、

守ってくれていた。

父は私にとってディバイン(聖なる光)であった。



~~出店情報~~

4月29日(土)
   『lucky fes vol.7』 伊勢崎ガーデンズ
   *毎度お馴染み人気の大型イベントです。
 
5月7日(日)10:00~16:00
   『風薫る☆占い新緑まつり』
    太田市・富士ハードクロム2F
   *皆様ご注意ください!
    4月・5月合同開催として5月7日になりました。
    新しいメニュー・新しい出店者さんがありますよ~
    お楽しみに!

~~お知らせ~~

2017年6月生募集(月1回開催/期間1年)
  6/3(第1土)13:00~   6/11(第2日曜)10:00~
  6/5(第1月)13:00~   
    *場所:太田市 詳しくは申込時にお伝えいたします。
    *4名様以上で出張講座を承ります。

タロットつむぎの 『霊性を呼び覚ますタロット講座』

大アルカナ編  全6回 1回90分3000円
  コンセプト;インスピレーションを磨くことで『自己価値』を高める。
    カードを通して、いろいろな角度から物事を見ること、そしてそれについてジャッジをしない。人と違う見方をむしろ楽しみ、人     前で表現できるようになる。

小アルカナ編 全6回 1回120分5000円
    コンセプト;カードを通して生活に活かす人間学を学ぶ。またプロ占い師としての基礎知識が身につく。
  
 占い師になりたい人のための100本ノックリーディング
     全4日間 10:00~14:00 60000円
  *受講資格として、「霊性を呼び覚ますタロット講座」全12回を
   終了した方のみに限らせていただきます。

yumetsumu@gmail.com または FBタロットつむぎのメッセンジャーまで







関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する