真相は!?☆

  • 2017/04/12(水) 16:16:39

2か月前から、母がデイケアサービスに行くのを嫌がり始めた。

母は軽度(?)だそうだが、認知症で、毎日の散歩は欠かさないので足は丈夫である。


そしてその気位の高さ故、人間関係が滞ることがあるので、

市外のデイケアセンターに通うことになり、

毎日楽しそうに通っているかに見えた。

が、最近具合が悪いと言っていきたくないという。

よく聞くと、最近近所の人が同じデイケアに来はじめてとてもいやだという。

実はそこの家の前の人とご近所トラブルになったことがあり、

私たちも母の勘違いなのはわかっているから、ご近所の人には申し訳ないと思っているのだが、

母は、頑として自分の言い分を主張するだけ。

そんなことがやっと収まってきたと思ったら、今度はそこの裏の家の人が同じ施設に。

(ちなみにその方はご近所トラブルとは一切関係ない。)

そういうことがないようにわざと遠いところの施設に通わせていたのに、

なぜこんなことに。。。と思っていたら、

なんと真相は、

母が毎日デイケアから帰ってきてから近所を散歩するのに、

そこの家の人と顔を合わせた時に、

自分の言っている施設がとてもいいから一度見にくれば、と何度もお誘いをしたという。

それでその人は、自分がデイに通うことは考えていなかったけれど、行ってみることにした、ということらしい。

その方は若干体が不自由なものの、頭がしっかりしているので、

モノを作ったりするときは早く、作業が遅れがちな母に、こうしてああして、と教えてくれるらしいのだが、

それがまた母の癇に障るという。

もうね。

とにかく父が亡くなってからというもの、

どれだけ振り回されてきたことか。

今までは私のところに、夜討ち朝駆けで電話がかかってきた。(その時はボケていなかった、ただのわがまま)

今は下の弟が見ているので、夜討ち朝駆けで電話がかかってきて、だいぶ参っている。

これで認知症は軽いほうだというのだから、

認知症のお年寄りを抱えている世間の人たちはどんなに大変なんだろう。

年を取った親のために人生の何年かを棒に振る羽目になってしまうのは、あまりにも不条理だ。

人生のうちの何年かならいいじゃないかという人もいるかもしれない。

私はその何年かでも、「私の時間」を失うことは大変な苦痛だった。

今はせめて、子供たちに負担をかけなければ生きていけないような年の取り方をしたくないと思っている。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する