デスパレートな妻たち☆

  • 2016/11/25(金) 07:34:30

娘のワーホリに伴い、私も英語の勉強をしようと、

好きだったアメリカドラマ『デスパレートな妻たち』を



字幕なしで見始めてみたのですが、

あまりの面白さについ字幕をつけて、夢中で見ています(^^;

文字通り崖っぷちな彼女たちの一挙手一投足にわくわくが止まりませんが😃

特に共感してしまうのが、子育てに悩み、悲しみ、怒るシーン

やんちゃ(それもかなりスゴい)坊主三人を抱えているリネットは頑張るあまり

子供たちをおとなしくさせる薬(アメリカ怖いわ!!)を大量に自分が飲んで薬物中毒になってしまう。

どうにもならなくなってすべてを投げ出してしまいたくなったりネットを

一見完璧主婦のプリーとドジなスーザンが慰める

「私も子供を抱えて泣いていたわ」と。

もう私、涙。

賑やかな日常のなか、皆やってるんだから私もと頑張って、頑張って、

いつしか追いこまれていく心、孤独

手に追えない子供たち。

完璧主義で潔癖症のブリーの息子は、自分がゲイかもしれないと悩んでいる

しかしその事を潔癖症の母には言えず、当たってしまう。

どんなに愛していても自分に歯向かう息子にブリーの心はうちひしがれる

もう私、これを書いているだけで、涙

でもね、崖っぷちな女たちは当然、転んでもただでは起きません(^^;

やるやる、

やってくれます(^_-)

殺人事件も絡むこのドラマ、

良いとか悪いとか、

常識とか、そんなのお構い無しで、

はじめてこのドラマを視聴したとき、当時制約に縛られすぎてて崖っぷちだった私は、

あ、これでいいんだ。。。

人生何でもありなんだ。。。

自由でいよう。。。

人のためになんか頑張らない。。

と、慰められました。

そして今でも(*^^*)

崖っぷちということは、後がないということではなく、

崖の先には自由があるということ

まさにタロットの『フール』のカード❗

崖っぷちな時ほど、前を向こう✨

英語の方はね。。

オーマイガ!だけは上手に言えるかも(;´д`)











関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する