遠い遠い過去の話☆

  • 2016/06/21(火) 11:20:13

とあるセミナーの出席したときのお話。

参加者たちは、同じソウルグループなのだと宇宙からの存在は言う。

お互いどこの誰かもわからない人たち。

その中で、はるか昔、15世紀に私の夫だった人がいた。

その時の人生はとてもいい人生だったそうな。

その人と私は、今世ではお互いに初対面なんだけど、

どうも、お久しぶりです。と挨拶。

6世紀ぶりなんですね。きっとお互いに信頼できていたのでしょうね(#^^#)

いい人生だったのですね。よかった。

なぜか何の疑いもなく、お互いを受け入れられる私たち。

たった一言、いい人生だった、と聞いただけなのに、この安心感と穏やかさ。

そして、お互い名も名乗らず、別れましたが、

どこのだれか知らなくても、不安も不満もない。

私は、なぜか笑みがこぼれ、

幸せさえ感じる。。。

愛ってこういうことなのかも。



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する