映画「蘇生」☆

  • 2016/02/08(月) 16:35:48

人類はどこまで地球を汚し続けるのか・・・?

どうすれば・・・? 何をすれば・・・?

そこから、白鳥監督は「微生物による環境の蘇生」にたどり着いたそうです。

映画では、沖縄大学の比嘉教授が微生物にたどり着くまでと、その微生物たちがどのように地球に変化を与えているかが丁寧に描かれている。

私はどんな映画かも知らずに行ったので、会場にEM菌とやらが売っているのを見て、???な状態でした(^_^;)けどね、

映画を観終わってから、買っときゃよかった~~と思いました(・.・;) ぜひ使いたい!

それほど私にとってこの映画は良かった。

映画が終わってから、いろいろ調べると、

微生物がセシウム濃度を下げるとか、なぜかホメオパシーとか、それからスピとかは、

「トンデモ科学」と言われていて、世間からは賛否両論であることを知ったのだけど、

私はこんなにも、私たちが壊し続けた地球環境に対して、真摯に向き合っている人たちがいるのだということにとても感動し、涙が出てきました。

トンデモでもいいではないか。

そこには確実に実る作物があり、

セシウム濃度の下がった土地があり、

原爆症を免れた人たちがいるのだから。

あざ笑う人たちのほんの一部でも、ここに向き合っている人がいるのだろうか?

どんな形であれ、どんな手段であれ、

このままではいけないと、自分にできる努力をする、

この微生物にかかわっている人たちの後ろ姿に、

私は今まで何もしなかった、ではこれから何ができるのだろうと、問いかけていました。

映画の最後に

あとから続く

可愛いもののために

という詩があり、

それを聞いているとき、暗闇の中で確かに

私は腕に孫を抱いていました。

あとから続く

愛おしいものを。







関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する