毎月恒例のテキストブックワークナイト☆

  • 2016/01/19(火) 12:16:42

雪に見舞われた昨日、朝の時点でもう東京に行くのは無理だと、半分あきらめていました。

毎月通う「テキストブックワークナイト」の初めての欠席だな、、、なんて想っていたら、

齋藤つうり講師のFBでの記事が「すごく面白そう!!」だったので、なんとしても行きたくなって、

ナビが「周辺の道路状況が変わりました」を3回繰り返してくれましたが、港区芝まで無事たどり着きましたヽ(^。^)ノ

「アバター」というと映画を思い出す方も多いと思うのですが、一言でいうと私たちを見守ってくれる高次元の存在。

大天使でいえば、ミカエル、ウリエル、ガブリエル、ラファエルなど、他

アセンデッドマスターでいえば、ブッダ、観音、老子、孔子、クツミ、聖マリア、聖ジャーメイン、空海など、他

エジプト系の神様なら、ハトホル、ホルス、トトなど

ヴェーダ系の神様なら、ガネーシャ、クリシュミなど、

なんと、地球には常に144000人もいるらしく、、、その人たちがどうやって生まれ、何のためにいるのか、、、ということを学んできました。

地球には144000ものボルテックスがあり、私たちの肉体は地球の写しなので、身体にも144000もの対応するポイント(経絡のツボ)があり、そのそれぞれに対応しているマスターたちが存在しています。

私たちの身体って、一人ひとり地球だったの!!??と驚く私。神秘です。

そして地球生まれの魂であるアバターたちは、アセンションをし(最近話題のアセンション)、

the ボサツ・アバターとなって、自在に、1000パーセント人をサポートする存在になるのです。

そこで気になる、どのアバターがどんな人たちなのか・・・

ミカエルさんやラファエルさんたち、もとは人間じゃないアバターの大天使さんたち、

彼らは超怖い存在!たとえばやらなかったら一生追いかけられるような。。そして私たち人間などが見ようモノなら、黒焦げになってしまうそうです。ああ怖い((((;゚Д゚)))))))

アマテラスさんも怖い存在ですって。大きな仕事をさせられるそうです。

それに比べて、アセンデッドマスターさんたちは、元人間なので、慈悲深い。

それぞれのボサツアバタ―によって特質があるようです。

私たちにとって、どの方も「神」のような方ばかりですが、決してひれ伏さない対等な関係なのだそうです。

そして、たとえばずっと健康をお願いしてきたけれど、病気になってしまった。とします。

それは願いをかなえてくれないのではなく、

アバターさんたちが離れてしまったのではなく、

健康を願いながら、病気になるような状況を少しずつ積み上げてきてしまった(本人の選択)挙句に、病気が出てきた、そこをアバターたちは慈悲を持って見守っていてくださるのだそうです。

そこで私たちは何かに気が付くのです。アバターの存在にも。

あら、占いと同じ。

自分に都合よく、間違いを正して本人も知らないうちに幸せにしてくれる、魔法やアバターなんていないのですね。

結局、自分の選択なんですね、何事も。

守護霊様や後ろにいるガイドの存在の話も出ました。

そういう方たちって、一人につき5万人くらいいるんですって!

じゃ、私のそばには144000人の菩薩様たちや、守護霊・ガイドさんたちが50000人もいてくれて、

私の人生には、194000人もの存在が関わっていて、

私、観られてるってこと?

なんてこと!

そんなに見られてるのに、恥ずかしい人生をおくってきちゃったかな?



関連記事
スポンサーサイト

トラックバック

この記事のトラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント:

この記事にコメント:する

管理者にだけ表示を許可する