オーラソーマlevel3講座終わりました☆

  • 2014/09/30(火) 16:40:49

去年の11月から始めたオーラソーマの、とりあえず目標としていたlevel3の講座が終わりました。

会社に無理を言って、もっとタロットが深まるに違いないと申し込んでみたものの、

講座が高度な内容だったので、実はレベル2で止めようかと思っていた私。

会社勤めをしながら、タロット占い師をしながら、よく続けてこれたなと感心しています

level3ではタロットも出てくるのですごく楽しみにしていましたが、

エレガントできれいな絵柄や、ちょっと違う角度の解釈など、戸惑うことも多く、

でも、最後のゴールデンスレッドは壮大でした。

まずは、カバラの生命の樹


この日に選んだ4本のボトルを「火、風、水、地」の4層の生命の樹にあてはめ、それぞれをつないだものがゴールデンスレッドで、その時この道は通らなければならない道というものがあり、そこにあるボトルの駅(のようなもの)を通過し、私の現世の人生の旅のあらすじを形作っていくのです。

さて私は、どんな目的で生まれ、どこの向かっていくのか。

私はすべて「水」のステージだけで人生を歩いていました。

「水」はタロットの4つのスートの「カップ」

自分では「火」であり、「ワンド」かと思っていたのですが、

逆らうことなく、流れるように、生きていく人生のようです。が、ちょっと違う生き方をしてきた感じ・・・

いえ、今日からは流れる水のごとくの人生を歩いてみましょうか・・・なんてね

講座が終わった後、先生からプレゼントをいただきました。

高橋雅子先生は私に、B107大天使ツァフキエルのペンダントトップを選んでくださいました。
B107.jpg

「水のイメージなのよ~」とおっしゃって(^.^)

まるで広い宇宙を思わせる星空と、深淵の海を思わせるような色で、このボトルを使いたいという衝動が湧き上がってきます。

このペンダントは使いませんけどね、もったいないから。

さて、大天使ツァフキエルとは「闇から光を見出すことを見守る、沈黙の大天使」で、人間が必要な知識を的確に扱えるかどうかを監視し、正しい道に導くのだそうです

「生命の樹」においてはビナー(理解)を守護していて、すべてのものに形を与え母のように人々を見守っています。

おお!このペンダント、手放せなくなるかもしれない・・・

そして・・・なんと!このボトルは、12月14日に誕生しているのです。

まさに私の誕生日も12月14日!

ご存じだったのかしら・・・?まさかね。

☆雅子先生、素敵な宝物をいただき、ありがとうございました☆



スポンサーサイト