言葉にとらわれすぎる心

  • 2013/10/30(水) 14:55:56

これは本当に自分では気づかないことだけど

人に言われた言葉が心に引っかかっていて、それを言い訳にしてしまっていることが多い。

鑑定の時に、まず運がないと仰る方が結構いて、

私は○○の因縁があるから・・・

私は○○だから今年は何をやってもダメ・・・

男運悪いから恋が出来ない・・・

金運がないからお金がない・・・

嫌いな親族と血のつながりがあるから自分も将来こうなるかも・・・

誰誰の知り合いがこうだったからこの病気は危ないらしい・・・

もうね、人から投げかけられた言葉一つで不幸の連鎖を呼び込んでしまう体質になってしまっている。

私だって幸せになりたい!

でも私今足りない! 私はちゃんと努力しているのに、報われない・・・

じゃあ、なに?

そう、運よ!運!そういえばいつか誰かに言われたっけ・・・

と、自分では太刀打ちできない何が何だかわからないけど悲劇的な、大きな理由が出来て

自らの頭の中では不幸なストーリーが完結していくのだ。

ああ、私ってかわいそう。本当ならこうじゃないはずなのに、仕方ないわ・・・運命なんだから・・・

これ、実は私よくわかる。

私もそんな風にどうでもいいような言葉が自分のものになっていたもの。確かにね。

今でもそういうところ、ありますし。


でもね、これ、気づくと最初は、なんか~納得できな~い!と思うんだけど、

どーでもよくなってくるから不思議!

運命とか、因縁とか、少しは影響があるかもしれないけど目では見えないし、

結局はね、自分の心なんだって最近は思えるようになりましたね。

私も今月から「タロット占いやってま~す」って誰かれ構わず名刺をお渡しさせていただくんだけど、

3%位の方が「え~!怖~い!」とか「やだ!、ゾッとしちゃう」って反応するんだけど、

これ、普段の私が怖そうなのかなあ?

それとも、自分のコアな部分を見透かされそうで怖いのかなあ?

でも怖いキャラになって占い界の御大のように「地獄に落ちるよ!」なんて言ったら

自分が地獄に落ちちゃうようで怖いし・・・

どっちにしても私、怖くないですよ~

スポンサーサイト