ハイテンションがムネオチックな人!町工場編

  • 2013/04/30(火) 11:35:22

会社に来る取引先の方で、時々エッ・・・!?と驚くような人がいる。

これね、企業にはいないタイプで、町工場に多い。

たいてい、トラブルメーカー。

不思議だけど、本当に仕事とともにトラブルがついてくる・・・マジで背負って来る・・・洒落にならない・・・

そして妙にハイテンション。本当に、妙。

それも鈴木宗男さんなみ。(宗男さん、ごめんなさい)

鈴木さんは国会議員だからパフォーマンスもあるだろうけど、こちらはただの町工場のおやじである。

そして、こちらの話は聞いてなくて、延々同じ話題を繰り返し腰を上げようとしない。

金払いは、良いか悪いかの二通り。

悪ければ、資金が回ってないなとすぐ分かるから納得できるけど(お金に不安のある人は妙に饒舌でおかしなことを言う、これも自分では気づいてないらしい)

これが性格から来るものだとすると厄介である。

自分では気づいてないけどまず、

職人ぶって偏屈、頑固ぶりが普通のレベルじゃない、考えが浅い、単純、高をくくる、勝手な判断をする、自分はやり手だと勘違い、認められてるとも勘違い、自慢話が多い、話もでかい、唾を飛ばす、足をつかってよくまわるけど時間を顧みない、ついでに人の迷惑も顧みない、不利になりそうだと怒鳴りだす・・・

こういう人の持つ雰囲気はかなり強くて、私の危険センサーが塩をまけと言う。(浄化しなくっちゃ!)

傍から見ているとちょっと燥鬱っぽいけど、本人は忙しく立ち回っているらしい。

よく小さいとはいえ会社としてやってきたなぁと思うけど、逆に大勢の中ではこういう人は難しくて、運よく自営業という環境を手に入れたのだろうから、世の中うまくできている。

もっとも町工場の社長がみんなこうかと思われては困ってしまう。

取引先の社長さんの中には、とてもダンディーだったり、切れモノだったり、面倒見のいい温かい人だったり、さすが!と言う人が多いのも事実。

そしてそういう社長の会社は、大抵飛躍している。

私はただの事務員ですが、常に100を超える会社人を見ているので本当によくわかるけど、トップは尊敬される人が多いようです。

やっぱりね、人!

経済にも人のアイディンティティーが大きく影響します。

昔、財界のトップの人たちとすれ違ったことがありますが、もうね、オーラが半端ない。

足がすくんで一歩前にも進めなかったくらいの大きくてちょっと畏れるような雰囲気をまとっています。

例えるなら、知らずにお殿様の前にうっかり飛び出しちゃった感じ。事実、そんな状態でしたが。

さあ、皆さんのまわりの人はどうですか?

そして、自分もどうでしょうかね





スポンサーサイト