世界7大聖山☆

  • 2017/09/19(火) 15:31:55

7大聖山

富士山 ・ Mt.シャスタ ・ エベレスト ・ キリマンジャロ

シナイ山 ・ セドナ ・ マチュピチュ

去年ティーチャーにリーディングしていただいたときからご縁は繋がってきた。

「シャスタに行きなさい。シャスタがダメならセドナでもいい。それとエジプトね」

その時は、簡単に言うな~~(;^_^Aと思っていただけだったけど、

思い切って、去年エジプトに行ってからは

まるでゲートが開いたかの如く、

あれよあれよと、点が繋がった。

その中で私が感じたことは、

『もし、不満や気にかかる事柄があるなら、そこから離れること。すると、思ってもいなかったことが上手くいく。』ということ。

その離れることに、血が流れる思いがするかもしれない。

周囲の人から文句を言われたり、軽蔑されるかもしれない。

それでも、身の置き所を変える。

誰が何と言おうと、ティーチャーから「行くといいよ」と言われたから行ってみたら、

私が気にかけていることは、私の問題ではなかったことに気づいた。

だって、自分の人生が自分にとって一番大事なのだから、人がどうなろうと、究極、私が楽しきゃどうでもいいのよね(^_-)-☆

だから、私は楽しくいるようにしている。

すると、本当に、無理しなくても、努力しなくても、うまくいくようになる。

う~~ん、心屋さんみたいだ(;^_^

実は聖山だけじゃなく、私にとっての聖地は他にもあって、

この肉体を脱ぐまでの間に、さて、どこに行けるだろうか。

富士の麓に生まれたことも始まりだったのかもしれない(幼いころ8合目くらいまで登ったことがある)。

さて、初秋のシャスタは私をどんなふうに迎えてくれるだろうか。

同行の凄腕チャネラーは、地下都市テロスの地底人に会いに行くと言う(;^_^)

あ~~、ドキドキする(^◇^)

スポンサーサイト

オラクル☆

  • 2017/09/12(火) 09:43:19

15051744790.jpeg
最近私がバイブルとして傍らに置いている本の著者「ダスカロス」が、

キプロス生まれのキプロス育ちだというので、来年キプロス共和国に行ってみたいなと思って

ツアーをいろいろ検索していたら、ギリシャエーゲ海クルーズで立ち寄る小さい島・パトモス島が気になったので、

パトモス島を調べていたら、
パトモス島

ここに住む。と直感。

次の瞬間、「ギリシャ語もわからないのに住むって???ただの過去世の記憶じゃないの?」と、否定のマインドが打ち消す。

いつものことだけど、私の悪い癖(;^_^A

だけど胸のざわざわは止まらない、

しかも、かつてチャネリング教室で、11次元存在のマスターに、「私は外国のどこに旅行すればいいですか?」と質問したら、

ギリシャ、という。

そりゃ、ギリシャは一度は訪れてみたいけれど、その時はシャスタや、モロッコと思っていたので???

なので、住むかどうかは置いといて、何かのご縁はあるかもね。聖ヨハネが島流しされて、ここで黙示録を描いたところだし、縁はなかったとしても、いつかは行ってみよう。と思うことにした。

すると、予言者major1がFBに、ヨハネがパトモス島に流された時の様子を投稿しているではないか!!!

もう、心臓が止まりそうな衝撃!!

絶対、行くと決めた。

Diplomatic Service LIVE: He never died
They took John tried to cut his neck they couldn't - a knife could not cut his neck! They crucified him and they found him preaching in the city. They took a stone tied it on his foot and threw him in the water, but as they went to town they found him there preaching the word of God. They pierced him with a hot iron but still he did not die. They took him to the island of Patmos, took hot blades and placed in his eyes and only yielded his blindness. They threw him in the island. Immediately upon arrival John said "I have seen the Lord..." meaning his eyes were restored and he begun to write the book of revelation.
This is to fullifil the prophecy that Jesus said if he wished; John would not die.
- Major 1

真実の光☆

  • 2017/09/06(水) 16:45:37

夕刻から涼しくなってきた大好きなこの季節、私の読書探求は止まらない(#^^#)

私は肌寒いくらいのほうが好きなので、静かな夜に、窓を全開にして本を読む。

こんなことをしているから鼻風邪をひいてしまうというのにやめられない、この1年で最高の季節に

また新たな真実を発見した。

その昔インドでブッダが弟子たちに「私は神ではないが、今から500年後に神自身がお生まれになるだろう」と予言された。
そして500年後に、この予言に関心を持っていたマハラ―ジャ・ラムは透視能力者を使って、キリスト誕生と場所を調査し、彼の国を母と兄弟に任せ、友人と二人で旅に出た。
その途中アルメニアで、王でもあり、占星術師でもあったカスパル王が加わり、
その後、3人はベツレヘムの方向に明るい星を見つけ、お生まれになったばかりのキリストを発見し、持参した黄金・乳香・没薬を贈り物として捧げた。
このことにより、彼らは3人の賢者と呼ばれるようになった。
durer_konige00.jpg


聖書の中のエピソードはいろいろな説があるとは思う。

ただこのエピソードについては、

自分の過去世をすべて覚えていて、なおかつ過去世においてイエス様の最後の若い弟子ヤスナイであったこともあり、

2000年にわたる輪廻転生すべてに、聖ヨハネがスピリチュアルガイドとして寄り添ってきたという、ダスカロスの説で、信用に足ると思えて、ちょっと興奮した(;^_^A

やはり奇跡には、透視能力者とか占星術師とかが大きな役割を果たしているし、

3人の賢者がキリストを見つける旅の発端は、仏陀の予言だった!!!というところが、

私のツボ(^^)/


◇◇◇お知らせ◇◇◇

10月29日(日)10:00~15:00
「lucky fes vol.9」 伊勢崎ガーデンズ
 
  *秋のLucky fes 始まります✨






 

 

インド風水・ワースツ☆

  • 2017/08/22(火) 11:50:40

ワースツ
インドには、中国風水の起源ともいわれている風水がある。

元々は、スワミの本を探していて見つけたものでしたが、

スワミの教えなら、と思ったことと、

スワミのことをいろいろ教えてくれる友が

スワミ・カレシュワールのVAASTU(インド風水)はすごいわよ。これで人生の75%は決まると言われているくらいだから。

日本の風水とはちょっと違うかもね。というので本を読んでみたら。。。

大ショック!!!

うち、すっごく悪いじゃん!!!

しかも長患いの病人が出る家相!

長患いの病人、いるし。

もう引っ越そうかと思うんだけど、というと、

友が、私、いっそ大木の下で暮らそうかと思った。。。と言うので

二人で菩提樹の木でも探そうかと、ちょっと真剣に考えたくらい。。。

何にも待たなければ『悟り』の世界に行けそうな気がしてきた。

答えはそこに☆

  • 2017/08/09(水) 09:41:23

歴史の中の戦争の原因ははだいたいが、土地と宗教である。

もちろん、信心が違うというよりは、教団化するうえでの金や権力の上で都合の悪いものを排除するという図式で、

こっちの神様のほうが最高!とか、こっちのマスターの言うことだけ聞け!!とか、だけではない。

この世では、神を持つということは、一つじゃなきゃいけないらしく、

今戦争の真っただ中にいない私だって、

最近ボーンアゲインしたけど、墓に入れと言われたらお寺の墓に入るし、お寺の法事にはいくし、

ブッダloveは変わらないし、と言ったら、

え~~!?と言われた。

いけないのかなあ???

だって、ブッダ大好きなのは変えられないし、

観音様やいろいろな存在達が下りて来てくださる護摩炊きなぞは、私にしてみればロックライブ。

でも、イエス様もスワミも最高な私のティーチャーであり、導いてくれる存在💛

イエス様love💛 

スワミlove💛

a href="http://blog-imgs-114.fc2.com/c/o/r/coral1214/20170809090911865.jpg" target="_blank">祈り

スワミのご講話集の中にも、イエス様やブッダや他の聖者のことについても触れているし、

予言者major1の話の中にも普通に、JesusやAllahやJehovaの神々の名前が出てくる。

(ちなみにJehovaの名前をたたえるゴスペルが私は好き💛なんていう曲かわからないけど。)

他にもね、英語勉強してないけど、最近外国に一人旅っていうと、やっぱり、え~っ!?と言われる💦

何も、問題はないしけどね。いざとなったらGoogle翻訳アプリがあるし。

だから、すべてに問題はないんじゃないかと思っていたら、ぢんさんのブログに答えがあった。

~ ~ ~ ~

目の前の出来事は

それ自体が問題なんじゃなくて


目の前の出来事は
自分の中の問題を教えてくれるできごと。


その「問題」ってなにかというと
「偏り」です。


なにかを素晴らしいと思い過ぎるあまり
「そうでないもの」を否定したり


なにかを「ダメ」と思い過ぎるあまり
自分の言動を制限してる。


「答えは自分の中にある」


よく聴きますが


てぇことは

「答えは自分の中にある」てことは
「問題も自分の中にある」てこと

てか
「自分の中にしかない」
「目の前にはない」


てことね。

~ ~ ~ ~ ~


つまりは、え~~!?と言われたくらいで気になる私の中に、大きな偏りと制限がまだまだあったということかな。。。

あと、私がベリーダンスをやっていると言ったら、やっぱりえ~~!?と言われるんだろうな(;^_^A

これは私の中に問題があるしね。