オーラソーマlevel3講座終わりました☆

  • 2014/09/30(火) 16:40:49

去年の11月から始めたオーラソーマの、とりあえず目標としていたlevel3の講座が終わりました。

会社に無理を言って、もっとタロットが深まるに違いないと申し込んでみたものの、

講座が高度な内容だったので、実はレベル2で止めようかと思っていた私。

会社勤めをしながら、タロット占い師をしながら、よく続けてこれたなと感心しています

level3ではタロットも出てくるのですごく楽しみにしていましたが、

エレガントできれいな絵柄や、ちょっと違う角度の解釈など、戸惑うことも多く、

でも、最後のゴールデンスレッドは壮大でした。

まずは、カバラの生命の樹


この日に選んだ4本のボトルを「火、風、水、地」の4層の生命の樹にあてはめ、それぞれをつないだものがゴールデンスレッドで、その時この道は通らなければならない道というものがあり、そこにあるボトルの駅(のようなもの)を通過し、私の現世の人生の旅のあらすじを形作っていくのです。

さて私は、どんな目的で生まれ、どこの向かっていくのか。

私はすべて「水」のステージだけで人生を歩いていました。

「水」はタロットの4つのスートの「カップ」

自分では「火」であり、「ワンド」かと思っていたのですが、

逆らうことなく、流れるように、生きていく人生のようです。が、ちょっと違う生き方をしてきた感じ・・・

いえ、今日からは流れる水のごとくの人生を歩いてみましょうか・・・なんてね

講座が終わった後、先生からプレゼントをいただきました。

高橋雅子先生は私に、B107大天使ツァフキエルのペンダントトップを選んでくださいました。
B107.jpg

「水のイメージなのよ~」とおっしゃって(^.^)

まるで広い宇宙を思わせる星空と、深淵の海を思わせるような色で、このボトルを使いたいという衝動が湧き上がってきます。

このペンダントは使いませんけどね、もったいないから。

さて、大天使ツァフキエルとは「闇から光を見出すことを見守る、沈黙の大天使」で、人間が必要な知識を的確に扱えるかどうかを監視し、正しい道に導くのだそうです

「生命の樹」においてはビナー(理解)を守護していて、すべてのものに形を与え母のように人々を見守っています。

おお!このペンダント、手放せなくなるかもしれない・・・

そして・・・なんと!このボトルは、12月14日に誕生しているのです。

まさに私の誕生日も12月14日!

ご存じだったのかしら・・・?まさかね。

☆雅子先生、素敵な宝物をいただき、ありがとうございました☆



スポンサーサイト

グルテンフリー・ケーキとジュワルクール☆

  • 2014/09/03(水) 15:20:37

オーラソーマ講座の楽しみは、ブレイクタイムにもあり・・・

ですが、私が一人、グルテンフリーなので、皆さんにすごくご不便かけてます・・・

グルテンフリーなものを探してきて、差し入れしてくださったり、ま、自分で持って来いって話ですが

一人だけみなと違うととかわいそうとおっしゃっていただいて、すっかり甘えてます。

この日は、「プレシャス」さんのお隣のおいしいケーキ屋さん「パティスリー ラミティエ」さんで、

私のだけ小麦粉を使わない、皆さんと同じケーキを作ってくださいましたヽ(^。^)ノ
ケーキ
すっご~~い そんなこと、できるんだ~~

中身はこんな感じです
ケーキ中
ほんとにほかの人と変わりません・・・ うう・・・ほんとうにありがたい・・・

ケーキを食べても、おなかが痛くなったり、顔にブツブツができないなんて

全国のグルテンフリーの人に教えてあげたいくらいです・・・

でも、ここのケーキは安定剤を使ってないので日持ちがしません。

てことは、手作りのケーキショップの中には添加物を使っているところもあるってことなのですね・・・

いやはや、食べ物を選ぶことが難しいなんて、日本は安全じゃないようですな・・・

そしてオーラソーマレベル3の講座も早3日目、

マスター(賢者)ボトルでカラーを勉強しています。

今日は、受講生3人で「B63 ジュワルクール&ヒラリオン」で
B063 - コピー
あーでもない、こーでもない、結局訳が分からなくなってしまいました

二人のマスターの名を冠したボトルですが、実はそれぞれ

B53「ヒラリオン」
B053.jpg

B64「ジュワルクール」
B064.jpg
と、独立したボトルがあるのです。

ヒラリオンは、4世紀の中東に実在した人物で、自然科学の世界と精神世界の真実を融合した人(こんな言い方でいいのか?)

スピリチュアルの探究者なんだけど、ちゃんと地に足つけて科学も探求している人、だからヒーラーでもあって、ヒラリオンは世俗的な執着を開放することで人々を癒していたということです。

今だって、こんなに医学が発達しているのに、「病は気から」って部分、大いにありますからね。「健康」も科学と精神世界の融合かもしれません。

人は「葛藤」を手放すことにより、真実(本当の自分)が見えてくるのです。

もう一人、「ジュワルクール」は、チベットのマスターで、宇宙法則の真理を探究したマスターで、

今でも、ヒマラヤのどこかにいると伝えられています。

宇宙の真理の探求・・・でかすぎるテーマです。

宇宙の真実とは、私たち人類が何のために、どうして生まれてきたのかという「叡智」です。

人は人生の青写真を持って生まれてくるのに、おぎゃあと生まれた瞬間にそれを忘れてしまい、

「なんで?なんで?」 「どうして?」と苦しむのです。

現実を生きていると「叡智」なんぞ吹っ飛んでしまうのですね~?これはある意味、すっごく力強い事ですね。

赤ちゃんは「レッド」 、「レッド」は生きるエネルギーを意味します。

そして「レッド」は「グリーン」の補色。生きる上での「生命」と「精神性」の関係です。

私たちがグリーンの色を持つハートのチャクラをオープンにして、クリア(浄化)して、「叡智」への探求を続けていくことで

近づけていけるのではないか、理解に近づけるのではないか、

でも、そこには人生を生きる「現実」もあって、けっしてスピリチュアルだけに走らない、ふわふわしない、

現実や科学やスピリチュアルとのバランスを取ったうえで「探究」していくといいよ、ってことでしょうか?

そこに、唯一二人のマスターの名を冠したボトルが誕生した意味があるのでしょうか?

何事にもとらわれない心で、しっかり地に足をつけながら、真実を見つめてゆく。

私ももう人生の折り返し地点を過ぎました。

こんな人生を送りたいものです。




B73「荘子」自分を肯定すること☆

  • 2014/08/27(水) 15:05:07

昨日のオーラソーマlevel3講座で私が選んだ4本のうちの

3番目(今の私)のボトルがこれ

B73 「荘子(チャン・ツー)」 ゴールド/クリア


自分で選んでおいてナンだけど、きれいなボトル・・・

最近ボトルの色が、色によるけど、よりきれいにはっきりと見えるような気がするのは気のせいかしら?もっと言うと、気になる色が主張してくるような感じ・・・

いろいろな色に惑わされなくなったということ・・・?

さて、今回私に「3番目に選んで~」と主張してくれた「荘子」とは

紀元前300年ごろ、イエスとブッダが生まれた年代の間くらい(?)、中国は宋の時代に生まれた思想家で、道教の始祖の一人とされています。

道教とは、中心概念の道を軸とした思想で、道(タオ)とは宇宙と人生の根源的な不滅の心理を表すそうです。

いきなり、ナンのことだかわかりませんね

オーラソーマの高橋先生に教えていただいた、よく言われる説話(知りませんでした)にこういうものがあります。

あるとき荘子は自分が蝶になった夢を見ました。そして弟子にその夢について語りました。
「今では自分が荘子かどうかわからない。自分が蝶である夢を見ているのかもしれないし、あるいは、夢から覚めたら自分が蝶であるかもしれない」

カフカの世界のようですあ!あれは虫になっちゃってるんだっけ・・・

も一つ、この会話が成立する弟子の存在もこれまたスゴイとも思う。

では、どーいうこと?

たとえば、タロットつむぎはタロット占い師なの?それとも主婦なの?それとも何者?という質問をされたとすると、思想家つむぎは

私はタロット占い師であるかもしれない、または主婦であるかもしれない、同時に何者でもない。私は私である。と答えたりするんでしょうか?

道教的にいうとよくわからないので、ボトルの意味でいうと、

今私は人生の中で、どこで何をしているかとても深い洞察力を持って自分自身を見つめることができています。(自己受容
周りの人の意見や社会の風習、決められたルールの中に身を置きながらも、自分の生き方を持っています
自分を満たしてくれるものや人を、もはや外側に探し求める必要もないということを、知っています。
そのことが私に安心感や寛ぎをもたらし、自分の中の潜在意識を引き出すことをサポートしています。
そして一人一人がユニークな存在であることを知ることは自分らしく輝くことを助け、また自分だけでなく、人が自己受容をもち自分自身を輝かせることを助けることができます。

なんであるかとか、こうでなくちゃとか、知らず知らずにとらわれた、縛られた考え方をしがちでしすが、

そこから自由になると、心が楽になるのかもしれません。

わたしも、仕事上、お子さんや家族のことで悩んだりしているお話をよくききます。

そして多いのは、お子さんのことで、いつの間にか自分のいたらなかったかもしれないことに気付くと、もうそれからは自己否定が始まってしまうのです。

問題がすりかわってしまうのですね

まずは自分もお子さんも肯定してあげましょう。

そして、この美しいゴールドとクリアのボトルを体に塗ることで体に取り入れると、サポートしてくれますよ

論文の合間に☆

  • 2014/08/17(日) 20:17:03

せっかくこの二日間、家で布団干したり洗濯したりしようと思っていたのに、

こういう日に限って曇る

でも暑いのが苦手な私は、この涼しさと、秋めいてる感じで身体がすっごく楽

そして、大好きな季節が早く来たような感じ。

オーラソーマのレベル3講座を受けるにあたって書かなきゃならない原稿用紙にして20枚分の論文も、はかどりそう・・・で、なかなかはかどらないけど

合間に、昨日テレビで見た美味しいトマト料理のために生姜を買ってきたら、

高知の在来種!

いいね

これからは野菜にこういう表示、欲しいな(^^)

で、トマト料理がどんなものかというと、

塩の浸透圧で中からうまみ成分グルタミン酸がでた生姜トマト

ヤオコーにキズモノトマトが売ってたのでたくさん作りました。

20140817195241c5a.jpg
今日のメインは、それにモッツアレラチーズをのっけただけの

あまりオシャレじゃないカプレーゼ

私はこれに白ワインビネガーをかけていただきます

ビネガーごとトマトグルタミン酸汁も飲んじゃいます。

明日は、トマたま炒めしようっと(*^。^*)

PPS!

  • 2014/06/17(火) 22:35:19

今日、オーラソーマ・パーソナル プレゼンテーション スキル

略してPPSの講座を終了しました。



レベル1・2で学んだことをほりさげ、いかにして「オーラソーマとは」と言う難しい事を人に伝えられるか。

プレゼンもやりました。結果は撃沈!

どう考えてもうまくまとまらず、どうして良いかわからない日が続き、

甘い考えの私。

でも、今日たくさんダメ出しされて良かった

だって、次にプレゼンをする機会があるとしたら本番だもんね!?

苦しいけど、充実した3日間でした。

さて、次は二ヶ月後のレベル3!

だんだん、オーラソーマが好きになってきたかも(^^)/