愚痴を言うと・・・☆

  • 2015/09/01(火) 13:03:01

日本の精神文化に「言挙げ(ことあげ)」なるものがある。

やたら、言挙げして(言葉にして)相手をやっつけようとするのは控えなさい。言挙げ(言葉にして)よいのは神様だけですよ。という考え方だそうである。

古くは、万葉集にも「我、言挙げせず。大和男だから」のような唱がたくさんある。

記紀にも、ヤマトタケルの尊が、突然現れた白イノシシを見誤り、「素手でやっつけてやろう」と言挙げ(宣言)してしまったことにより命を落とす、という場面の記述があって、

日本人の精神文化の核のようなものではないかと思われる。

たとえいわれのないことでそしりを受けようと、黙って人の激情の過ぎるのを黙って待ち、あえて言挙げはしないという姿。

最近は、だから舐められるのだ、という論調もあるようだが、これこそが、「和をもって尊しとなす」日本人の姿なのだろう。

神社系の本に面白い記述があった。

「愚痴を言うと、がま口が開く(金が出ていく)」

大きく頷いてしまった。

スポンサーサイト

出羽三山から新潟へ☆

  • 2014/10/21(火) 13:48:45

出羽三山から新潟村上の宿で食い倒れた私たち一行は、そのまま一路、新潟縦断しながら群馬に向かいます。

途中越後一宮の弥彦神社へ。

少し紅葉が始まりかけています。11月に入ったらとても景色のよい神社になりそう(^.^)


参道の和菓子屋さんでこんなものを見つけ、

さずかり餅
さずかり餅

実は和菓子が苦手な息子嫁ですが、はやく孫の顔を見たいばあばはさっそく息子に持たせました

ご朱印をいただき、参拝を済ませた私と息子は甥っ子姪っ子たちと別れ、600年前に即身仏となられた弘智法印を訪ねるために西生寺へ。
DSC_0370.jpg

「景勝秀麗な千古の名刹」と謳われるだけあって、墓地の横にある展望台からは日本海が一望できます
DSC_0371.jpg

そして即身仏を見学させていただいて、600年前の一人の僧が御入定するまでの厳しい(こんな言葉では言い表せないけど言葉が見つからない)、あまりにも過酷な3000日にも及ぶ五穀十穀絶ち、そしてそれをやりきる意志の強さに思いをはせ、

以前より少し前かがみになられていますが、あの3・11でも崩れなかったお姿に安堵し

必ずや世と人々を救おうとなさるお姿を思うとありがたく、心から手を合わせている私がいました。

そうそう、どこのSAか忘れてしまいましたが、こ~んな大きい梨を見つけました。新潟の名産だそうです。
DSC_0375.jpg

でもね

こんなに大きくはないけど、明和の梨人の梨のほうが味は好きかも~~

出羽三山・蜂子神社☆

  • 2014/10/20(月) 16:59:27

会社のお得意様である商社様よりご紹介いただいた「出羽三山・蜂子神社の秘仏御開帳」に行ってきました。

このお話をいただいたとき、ぜひ父と母を連れて行きたいと思い、本人たちに話して、宿も予約してから、

なんと、まず母が「お父さんと一緒なら行きたくない」と言いだし、

そのあと大喧嘩になったらしく、次の日父から「奴と一緒なら俺は行かない」と電話があり

まったく、もう(ー_ー)!!

それなら、二人とも行かなくて結構と、弟家族と、私と息子(息子嫁は仕事が休めなくていけなかったのですが)で行ってきました。

紅葉が始まりつつある月山
DSC_0314.jpg

蜂子神社のご祭神、蜂子皇子様は出羽三山の開祖といわれ、聖徳太子のいとこにあたる方で、
20140305026jc.jpg
遠い出羽の地で、人々のあらゆる苦悩をその御身に引き受けたためにこのような怖いお顔になったとされていますが、

秘仏の木像はとても優しいお顔をされていらっしゃいます。

出羽三山は三山の神社があるので、ご朱印も2ページにわたる大きいものです
DSC_0373.jpg

この時息子もご朱印がほしいと言いだし、ご朱印デビューしました。

出羽三山を下った後は、話題のクラゲ水族館へ。

こんな海沿いにあります。
DSC_0332.jpg

クラゲ・クラゲ・クラゲ
20141018_184340.jpg
あ~~クラゲ、飼いたい

そして海岸線をずっとのぼり、新潟村上市の宿「吉田や」さんへ
DSC_0360.jpg
建物は古いけど、清潔で、

食べきれないほどのお料理、しかも味に外れなし、

部屋風呂も源泉が引いてあって、ここ重要ポイントですね

宿の裏手の坂を上るとこんな源泉を引く施設があり、
DSC_0361.jpg
そこに卵を入れられるようになっていて
DSC_0365.jpg
20分ほどで温泉卵のできあがり~

甥っ子姪っ子、大喜びでした
DSC_0333.jpg

つづく

# 畏れ☆

  • 2014/10/08(水) 13:44:50

合宿に行っている娘からメールがあった。

隣のKさんのベッドに古いお守りがあって、Kさんが気味悪がっているんだけど大丈夫かなあ?

忘れ物でしょ?大丈夫だよ(^_^;)

○○山って書いてある・・・

有名どころじゃない!ぜ~んぜん平気!

でもKさんが、なんか胡散臭いって言ってるし、お守り壊れてるし・・・

大丈夫だから、不安なら塩撒いて寝なさい。

壊れたお守りを発見するのは確かに気持ちのいいものではないけれど、

超・有名な「○○山」を胡散臭いってか?

まあね、昔は私もそうだった。

幼いころより「絶望」を知っていたし、神も仏もあるものか、なんてね。

その割に、幼いころの愛読書は仏教説話(不思議話と思っていた)で、すねてる割にはいつのまにやら「ブッダ・love」

占いなんて信じられな~い、なんて言ってたのに、いつのまにやら占い師になってしまった。

だから、拒否が大きいほど、実は好きだったりする。

まるで、最初は「何!?なんなのこいつ?」な~んて気に入らないはずだったのに、いつの間にか気になりだして好きになっちゃった異性・・・みたいな感じでしょうか?

だからね、お守りを恐れることなんて何にもない。

だって、誰にも自分で気づかない心の奥に、それはちゃんといて、そして自分を守ってくれている。

お守りを最初に持ち込んだ人の念があるかもしれないけど、最終的に忘れちゃったくらいだし、まあ大したことはない。

考えようによっちゃ、そのベッドに来る人をずっと守ってくれていたかもしれない。

それよりそれを恐れる人の心のほうが気になるくらい。

でもまあ、生半可な気持ちでは参加できないようなキビシイ合宿なので、始まってしまえばお守りどころの騒ぎでもないだろうから、

しっかり自分を信じて、

無事に、元気に

この1週間を過ごせることを祈っているよ(^_-)-☆





忘れちゃいけない金運祈願♥✨

  • 2014/09/09(火) 21:51:40

土曜からのユタ旅行に行く前に、あれもやろう、これもやろうと思っていたのに、

朝早く母から電話で「頭が痛い」と電話があり、今日は1日病院付き添いdayになってしまった。

そして、夜八時に一息ついて、Facebookをあけてみると

デューク更家魔王のタイムラインで、金運アップの方法の記事がアップされている!

アッ!しまった!スーパームーン忘れてた と、急いで財布を見ると、

必要な115円がない! 急いでセブンイレブンにすっとんでって5円玉を作り、

黄色の紙は、付箋で代用し無事にやり終えました

ほらね、

115円を手の平にのせ、マントラを3回唱え、

ぎゅっと握りしめて念を込める!

そしてこの115円を黄色の紙に包んで持ち歩く。

よっしゃ!これで私にも金銀財宝ザックザクな日々がやってくるぞ

もちろんタロットカードも月光浴
IMG_2014090925893.jpg

適度に涼しくて、とても気持ちのいい夜でしたね~

明日からが楽しみ~