久しぶりの御朱印帳&ランチ☆

  • 2016/01/10(日) 22:40:27

去年はあまり神社めぐりができなかったので、久しぶりに神社を周ってきました。

まずは、最近友人の話に出た小泉稲荷神社。

そういえば御朱印帳をいただいていなかったなと気づいて行ってきました。

お稲荷さんの、あの赤い鳥居を見ると、畏敬の念が沸いて、ちょっと怖いようですが、

スカッとした冬の青空のような気が満ちた明るい神社さんでした。

そして、次はこれも30年ぶりくらいの大間々の貴船神社

10日だというのに人出が多く、さすが人気の神社です。御朱印をいただくのに20分もかかりました。

もちろん奥に鎮座まします天狗様とカラス天狗様にもお参りしてきました。ここの天狗様、怖くない(^^♪

お参りの後は、貴船さんの奥にあるレストラン道楽園でランチ。

風もなく、冬の日向が心地いい大きな酒樽のお部屋です。
taru.jpg
貴船さんでお参りしている人たちの鈴を鳴らすガランガランという音がずっと聞こえているし、

貴船さんのちょうど上手に位置するせいか、ここは貴船さんと同じ気が流れていて気持ちよく、

お料理も私の好きなお味で、私の今日のメニューは昔と変わらず「きのこご飯」

ご飯のつやとか、まいたけとご飯の量のバランスとか、どうやったらこんなおいしくなるんだろうと思いながら、感動していただきました。

もう、絶品!

たくさんいただいて、こたつでゆ~ったり、ゆ~っくりしすぎて

眠くなりましたが(;'∀')、町の喧騒から離れたこの酒樽で、

みなさま、新年会はいかが⁉

スポンサーサイト

受け入れてもらえたかも☆

  • 2015/09/08(火) 11:54:21

一昨年に初めて行った、能登一宮・気多神社では、

とても厳しい「気」にあてられて、拒まれているような感じまでして、

おみくじも「小吉」だったものの、目も当てられないくらい厳しくて、たとえば、待ち人来たらず、失せもの出ず、のような・・・

大国主命が御祭神のこの神社は、大きな大黒様もいらっしゃるのに、ああ、私にはご縁がないのねととても残念でしたが、

今回泊まった宿が偶然近かったこともあり、家族がご朱印帳をまだいただいてなかったこともあり、

再び、怖れながら・・・と行ってみました

この日は結構雨も強く降り、前に来た時となにやら状況が似ているな・・・などと警戒しつつ。。

でも大丈夫でした。

とてもやわらかい「気」に満ちていて、暖かい感じ  まさに名前の通り「気」が「多い」神社で、

おみくじも「大吉」

前回は、そこにいるのも大変で、お守りを見る余裕もなかったのですが、今回はしっかり買ってきました

車に貼る「氣」シール 


ただ、お社の奥にある、御神域の入らずの森も、手がビリビリするほどではありましたが、前ほどの強い気がないような・・・

まさか、だれか足を踏み入れたなんてことはないですよね??

ともかく受け入れていただけたようで、ほっとしました

帰り道、氷見の番屋街でいろいろ物色しながら、氷見牛のにぎりに舌鼓を打ち、
DSC_0999.jpg

こんな可愛い菜の花の蝋燭を見つけました
DSC_1009.jpg

魔法の鏡のワークをするのに探していた可愛くて、ちょうどいいサイズ。

さあ、いよいよ、鏡のワークをはじめなくちゃ


□ □ タロットつむぎ出展予定 □ □ □
9/21(月・祝) オーガニックバス@前橋未来スタイル

9/27(日) 「日頃の疲れをいやしましょー!」
       酒蔵いやし祭り@太田市・山崎酒造酒蔵

10/10・11(土・日) 大学祭チャリティータロット予定

10/31(土) 酒蔵いやし祭り@太田市・山崎酒造

11/1(日) 「お悩みなんてぶっとばせ!」
       お悩み相談フェスティバル@水道橋・YMCAアジア青少年センター9F

11/7・8(土・日) チャリティータロット@群馬県立女子大錦野祭

12/13・14(日・月) グランツガーデン@太田市・産業支援センター


まほろばの風2!

  • 2014/06/16(月) 19:44:21

今回の旅行は、古事記を編纂した、太安万侶と稗田阿礼を祀った神社に参拝することが目的だったのに、

なんと!新幹線に乗る前に、御朱印帳を忘れたことに気づいた私。

もうさ、ママの場合、御朱印集めじゃなくて御朱印帳集めだね・・・と娘にあきれられたけど、

大丈夫 あちこちの神社に行って、全部埋めて見せる!と宣言。
2014061619153407e.jpg

ほらね!?

奈良は神社仏閣の宝庫!

稗田阿礼を祀っためた神社に行くための、近鉄大和郡山駅からJR郡山駅までのたった1kmくらいの間に、

神社があるある・・・

しかもすごい神社!

源九郎義経を祀った稲荷神社には、歌舞伎役者の猿之助さんが上演前にお参りにいらしたり、

薬王神社はなんとあの聖武天皇が九州から奈良の大仏様を見にいらしたときに立ち寄ったという場所で、

いろいろな古物を見せていただき、それがものすごいお宝と思われ・・・

いえ、そんな罰当たりなことを考えちゃ、イケませんね

私、鑑定団のファンなもので、つい・・・

で、たかが1kmとはいえ、歩いた距離はそこだけで3倍は歩いていると思われ、

参道はほとんどが砂利道だし、履き慣れているからと5センチヒールの靴を履いていったので、

新しいストッキングが1日ですれてしまい、穴が開き、

どんなに頑張って、ひざと膝をすり合わせ、膝を曲げないようにまっすぐに歩いても、

足の先が豆だらけ

結局、100均でクロックスもどきのサンダルを買ってしまいました・・・

足は楽・・・ほんとに楽・・・

でも、ださっ

こりゃ、しばらくは大変だぁ~



まほろばの風!

  • 2014/06/16(月) 00:18:07

昨日から娘と二人、奈良に来ています。

今回の目的である、大神神社、多神社、めた神社に参拝するのに

奈良の地図をネットでだして、

それぞれに行くために、なんとなくですが橿原市がいいのじゃないかと勝手に思い込んで

橿原市のホテルを予約してみたら、

ぜ~んぜん、遠かった

とりあえず朝一で、駅近くの橿原神宮でお参り。

ここは、橿原駅についてみたら、あらら、こんな大きな神社さんがあったのね・・・と見つけた有名な神社さんで、

神武天皇をお祀りしています。

この近くには、神武天皇から始まって、4代天皇までの御陵があり、

えっ!?神武天皇って本当にいたの?伝説の人じゃないの?と驚く罰当たりな私。

なのに、ちょうど神主さんや巫女さんたちの朝拝がはじまったところで、参加させていただきました。

すっごいラッキー!

ここ橿原市は、古墳をたくさん持つ、もしかしたら大和朝廷があったところではないかと言われるほどのロマンあふれる、
歴史好き垂涎の土地ですが、京都と違って、また奈良駅周辺と違ってとにかく足が見つからない。

じゃあ、レンタカーでも、と思っても、駅前にレンタカー屋さんがない!

で、タクシーに乗って、運転手さんに相談したら、

えっ!?そんなマイナーな神社を回るのはバスなんかないし、近鉄を使ってもそれぞれの駅からタクシーでもつかまえんと、行けんよ・・・とあきれられてしまい・・・

でタクシーで回っていただくことにして、

まずは、やはり橿原に来てから見つけた香久山神社に行っていただきました。

ここ、香久山は、万葉集で「しろたえの衣乾すてふ天の香久山」と持統天皇がよんだあの香久山で、

麓にこの神社があります。

アマテラスが天の岩戸にお隠れになった時に、鹿の肩骨とハハカの樹皮で占いをしたことから、占いの神社と言われているそうで、

やっぱり占い師としてはここは行っとかなきゃ!と思ったのですが、

宮司さんもいない神社さんで、蜘蛛の巣だらけ、虫だらけ!

でも、ハハカの木はちゃんとありました

次に、こちらは超メジャーな三輪山の大神神社。

ここは言わずと知れたパワースポットで、朝から参拝客が多く、駐車場の入り口が渋滞するほどでした。

白蛇様の大物主命にパワーをいただき、次に向かうは古事記編纂の太安万侶を祀る多神社。

この太安万侶は多氏で、今でもこの子孫である多という苗字の家がこの地域にはたくさんいらして、

1000年以上続く家系が天皇家以外にもあるのだと、びっくり。

奈良県と言うのは、水田が多く、高い建物が少ないのでとても風が気持ちよくて、

万葉集で詠われる山の名前や地名がそのまま残っていて、

明日香の昔からこの地に吹く風はかわらないのではないかしらと

生きとし行ける者の悠久の時間の流れを、勝手に感じている歴女二人でした。

to be continued


新嘗祭!

  • 2013/11/24(日) 08:29:52

先週、娘が熱を出し、遠いので直ぐに駆けつけるわけにも行かなくて、

結局いい大人なので自分でどうにかすることはできたようだけど、とりあえず急遽予定を変更して娘のところへ。

すると「もう大丈夫だよ」とぴんぴんしているように見える。

会社にも行けるようになったし、食欲もすごく戻ってきた!

それよりさ、明治神宮行こうよ…

なぜ?なぜ明治神宮?

しかも病み上がりなのに!

でも本人が大丈夫と言い張るのでこれまた急遽行くことにしました。

そうしたら思いがけず勤労感謝のこの日は新嘗祭のとてもよき日!

戦後にこの11月23日は勤労感謝の日と改められましたが、本来は新穀の収穫を神様に感謝する古式ゆかしいお祭りで、この日は天皇と国民が一緒になって大地の恵みに感謝していただく日なのです。

野菜の宝船!めでたい感じ!
201311240746538aa.jpg
こう言うのを見ると、日本は大昔から農業と神様を密接に結びつけてきたのだなあとつくづく思います。

本殿の中でも、お隣の東郷神社でも新嘗祭の神事が行われていて、えらい方々、例えば警察庁長官とかがいらしていたようです。

この日は結婚式も七五三も多く、外国人から「アメイジング」という声が聞こえてました。

こんな巫女さんも
2013112407521625c.jpg
これ、なんの衣装でしょう?

考えてみれば、神事の衣装は私の好きな平安衣装!

いいね!いいね

黄色いイチョウも見事で美しい。
20131124074653889.jpg

たくさん歩いて娘はグッタリしてしまいましたが、この日本に住むものとして重要な神事を見ることができたのは私にとってもすばらしい出来事でした。