フランス映画☆

  • 2017/07/25(火) 13:34:39

カンタスやジェットスターに乗ったときはあまり見られる映画がなかったけれど、

NY行きのANAでは映画を生き返り3本ずつ見ることができた。

あの「君の名は」も、ここで見た。

久しぶりに韓流映画の、イ・ビョンホンが詐欺師の役をする映画も見て、

それなりに面白かったけれど、イ・ビョンホンってあんなに安っぽい感じだったっけ?

なんかいつも企業の重役でモテ男の役をやってたので、カリスマのかけらもない、

チンピラみたいなイ・ビョンホンを見てビックリΣ( ̄□ ̄|||)

それと、主人公の刑事役の子が、アンジャッシュの渡部健に似ていて、気になったり(;^_^A

なにか、今回ハリウッド臭い映画には触手を動かされなかったけれど、

なんといっても掘り出し物はフランス映画「ダリダ」
dalida2-443x412.jpg

フランス映画って、相変わらずおしゃれで小粋。

私がその昔大好きだった「個人教授」という映画があって、

高校生が有名なレーサーの愛人であるナタリー・ドロンに恋をして、敗れるまでの切ない

大人な恋物語だったのだが、

このナタリー・ドロンがステキで、おしゃれで、

私のパリへのあこがれは一気に加速した。

そして湿った空気感のパリの風景

恋がはじまる瞬間の二人の絡み合う視線

当時中学生だった私は初めて大人ってこういうものなのね。。。と認識したものだった。

現実は、そんなおしゃれな感じにはならなかったけどね(^-^;

そして、「ダリダ」

イタリア系移民の子としてエジプト・カイロに生まれ育ち、

ミスエジプトを経て、ヨーロッパで歌手、女優として人気を博し、のちにフランスに帰化した。

映画によると、ダリダは恋多き女性で、スキャンダルが余計彼女の人気を助長し、売れて行ったが

度重なる男性との別れにより、少しずつ病み、命を絶つことになった。

時代背景もあろうか、

私の好きな空気感のフランスは男も女もとってもおしゃれ。

視線を絡めあう美しい二人。

もう!!ツボよ!ツボ!

久々、うっとりしたわね~~

恋が多すぎても美しい女は許されるし、

命に係わるほどの寂しさ、むなしさを埋めるのは命を懸けた恋。

賛否両論はあろうとも、私の好物なのである。

今って、恋愛映画もみんなガキじゃない?

そりゃ、恋する切なさは一緒かもしれないけれどさ、

余韻を残す大人の恋は、フランス映画の真骨頂。

ということで、デザートのハーゲンダッツのアイスを食べながら、

飛行機ライフを堪能しましたとさ。

スポンサーサイト

大冒険☆

  • 2017/07/24(月) 13:46:28

最近のアクティブに外国に行っていたことについて
14998883670.jpeg

え~~?外国に一人旅???無理~~!!とか
14986401750.jpeg

英語がしゃべれるんでしょう??とか

果ては、よく行けますよね~~とか。

まあ、いろんなことを言われるが、

私は英語はしゃべれない(;^_^A

外国への一人旅もこの年になって初めてである。

怖くないんですか~~!?

怖いわ!当たり前だろ!!あほか!!!

でもその先に、

どうして見たいものがあったり、

どうしても参加したいものがあるから行ってきた。

先日のヒーラーズキャンプでも、

初めてのニューヨーク!初めての一人旅で、心臓がのどから飛び出そうなくらい緊張してたけど、

こうしてここにいる!!って言ってた人がいて、

その言葉に、皆、静かにうなずいていた。

そうなんだよね。

やりたいことに到達するために、頑張って冒険にトライしなくちゃならないんだよ。

いくつになってもそれは同じ。

病み上がりの人だっていたし、

お金がギリの人だっていたし、

初めての一人旅どころか、初めての海外で一人旅の人もいた。

だけど、いろんな物事をクリアして、集い、

経験をした人は、

そこまで来れたことを、本当に感謝していた。

いろいろクリアした事柄を、Luckyだったという。

ということで、

どんな小さいことにでも感謝できる心、

いや、まだまだこれからだろ!!という状況なのに、そこまで来たことをLuckyだと思える心。

その心が、とりあえずの到達点に行きついたかなと思う。

苦しかったやら、、

楽しかったやら(#^^#)

博物館へ☆

  • 2017/07/24(月) 10:34:59

23日、思いがけず時間ができたので東京国立博物館へ

前日「美の巨人たち」で見ていたタイの国宝たちを見てきました。

大扉
15008588980.jpeg


HPはこちら
  ↓
タイ

日本の飛鳥時代くらいの古いものから、日本ではシャムと呼ばれていた時代の仏像たちまで

大きい石造りの法輪を見て、「運命の輪」だと思ったのは職業病か(^-^;

タイの宝物たちはとてもシンプル

時代が新しくなるにつれて金ぴかしてきます。

仏像のお顔もだいぶ趣が違うので、

…誰???って感じ💦でしたが

とっても優しくて、たおやかな仏像さんたちがいました。

こちらのトーハク(略すな!けど、こういわれているらしい)では、9月の終わりから

「運慶」展が始まるので、夫はそちらが楽しみだそう。

やっととれた静かな時間

でもなんだろう?

東京博物館はすっごい足が疲れるんだよね~~

広いからかな?

いや、

それだけじゃない気がする。。。

お知らせ☆

  • 2017/07/24(月) 08:40:45

7月23日17:40頃、お問い合わせをいただいたお客様、

返信が届かないようです。

PCからのメールを受信できるように設定を変えて

再度メッセージをいただけるとありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

タロットつむぎ

自然回帰☆

  • 2017/07/20(木) 19:29:19

6月より続く、オーストラリア→NYと

矢のような日々が過ぎ、

私はこの夏、一旦ゆったりとしようとおもう。

孫と夏を楽しもうといろいろ計画中。

キャッツキルの山で過ごした時間で、

私は自然のなかに身を置きたいと思うようになった。

虫があんなに嫌なのに💦

追われるような時間の感覚と、焦燥感、

やらなければならないことの数々から、少し離れたい。

なんなら今の家を売って、山の麓に引っ越したいくらい。

なんでしょうね〜(^o^)?この感覚。

自分は街中でないといられないと思っていたのに。。。

マンハッタンは楽しいけれど、疲弊したし、

キャッツキルの山の草の上で、一日中本を読んでいられたら、どんなに幸せだろう💓と、想像を巡らせた。

入院したり、再検査、再検査で、私の体はボロボロだろうと思っていたのに、

ken先生に脈診していただいた結果、問題はないらしく、

なにかそれだけで、自然と共にいたいと想えるようになった。

自然のなかにいられるという自信がついたというべきか(^_^;)

あ、

体に問題は何処にもなかったんだけれどね、

私の太りすぎの問題は、水が貯まっているからで、

脂肪過多ではないらしい。

え!?本当ですか!?と思わずken先生に確かめたら、

うん、あなたにfatはほとんどないよ。水を出せば痩せるし、疲れにくくなるよ。と、仰っていていただいて、

あ、私、痩せられる、と単純に思えて、

今までfatの固まりだと思っていた自分の体を撫でてみました✨

それだけで、尿の出が良くなったような気がする🎵

凄いなー✨✨